ミンクくじらや猪、ラム肉などの栄養素とビタミンB6含有量ランキング

ミンクくじらや猪、ラム肉などの肉類に含まれるビタミンB6の含有量ランキングとそれぞれの栄養素の効果や効能、ビタミンB6の働きを中心とした関連栄養素の効果をまとめて確認して行きましょう。

ビタミンB6はは穀類、種子、レバー系の食べ物など幅広く含有される栄養素で、抗アレルギー作用、神経伝達物質の合成などの働きがありますし、アミノ酸の代謝や脂質の代謝や脂肪肝の予防に効果的な水溶性ビタミンのひとつです。

肉の盛り合わせ
肉の盛り合わせ

ビタミンB6は過剰症の症状では知覚障害や腎臓結石などが現われると言われ、水溶性のビタミンですので摂取の際は水に溶けやすい調理法などでは損失が大きくなってしまいます。

以下ではビタミンB6含有量の多い肉類のさまざまな食品ランキングと合わせてビタミンB6の食事摂取基準を確認し食材選びに役立てましょう。

ビタミンB6の効果や効能と総合ランキング上位10位

ビタミンB6はたんぱく質の代謝にかかわりますので、たんぱく質の摂取量が増加している時はビタミンB6が不足しないように注意する必要性がありますし、脂肪燃焼効果のあるカルニチンを多く含むラム肉などにもビタミンB6は含まれています。

ビタミンB6はアミノ酸からドーパミンやノルアドレナリン、ギャバ、セロトニンなどのホルモン物質を合成する際に必要となるビタミンですので、適切な摂取を心がけましょう。

 アルギニンを含む食べ物の効果と効能

以下がビタミンB6含有量の総合ランキングTOP10です。

B6含有量ランキング、TOP10 (100g辺り)
順位ジャンル食品名含有量
1位野菜類唐辛子 果実 乾3.81mg
2位調味料及び香辛料類とうがらし ガーリックパウダー2.32mg
3位豆類えんどう赤 青 グリンピース(揚げ豆)1.9mg
4位調味料及び香辛料類にんにく類 粉1.75mg
5位野菜類にんにく りん茎 生1.50mg
6位調味料及び香辛料類パセリ 乾1.47mg
7位調味料及び香辛料類<その他> パン酵母、乾燥1.28mg
8位穀類その他 小麦はいが1.24mg
9位種実類ピスタチオ いり 味付け1.22mg
10位いも及びでん粉類こんにゃく 精粉1.20mg
出典 : 文部科学省、科学技術・学術審議会資源調査分科会
日本食品標準成分表2010のデータより抜粋
url : http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/houkoku/1298713.htm
 食品標準成分表  栄養素別、食品含有量  アミノ酸含有量  食事摂取基準量 

ビタミンB6の効果と食事摂取基準の確認

ビタミンB6は動物性、植物性のたんぱく質に含まれる栄養素で小腸から吸収されさまざまな組織に存在し、リン酸と結合し補酵素型になり脳や肝臓、筋肉に多く存在します。

こちらはビタミンB6の食事摂取基準ですので確認しておきましょう。

ビタミンB6の食事摂取基準(mg/日)
性別男性女性
年齢等推定平均必要量推奨量目安量耐容上限量推定平均必要量推奨量目安量耐容上限量
3~5(歳)0.50.6150.50.615
18~29(歳)1.21.4551.01.245
30~49(歳)1.21.4601.01.245
50~69(歳)1.21.4551.01.245
 食品標準成分表  栄養素別、食品含有量  アミノ酸含有量  食事摂取基準量 
出典:日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要PDFより
出典先URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000041733.html

 カマンベールチーズの効果と栄養成分の効能!健康やダイエット、美容に必須な訳とは?

ビタミンB6と合わせて確認しよう、ビオチン食品のランキング

ビオチンは補酵素としてオキサロ酢酸を作り出しますし、ビオチンが不足すると乳酸からの糖新生がスムーズに進まなくなり、筋肉痛や疲労感などといった症状がでてきます。

アビジンがビオチンの吸収を妨げるとされ、ビオチンの欠乏症の症状はほぼないと言われますが脱毛、皮膚炎、筋肉痛などの症状につながるともいわれ、豚ロース肉にはたんぱく質や鉄が豊富な食べ物ですがビオチンも含まれます。

ビオチン含有量ランキング、TOP10 (100g辺り)
順位ジャンル食品名含有量
1位調味料及び香辛料類<その他> パン酵母、乾燥310μg
2位肉類副生物 肝臓 生232μg
3位調味料及び香辛料類<香辛料類> 粉158μg
4位肉類副生物 じん臓 生99.5μg
5位種実類ナッツ バターピーナッツ95.6μg
6位種実類まつ 乾92.3μg
7位肉類副生物 じん臓 生89.6μg
8位し好飲料類コーヒー インスタントコーヒー88.4μg
9位種実類ヘーゼルナッツ フライ 味付け81.8μg
10位種実類ひまわり フライ 味付け80.1μg
出典 : 文部科学省、科学技術・学術審議会資源調査分科会
日本食品標準成分表2010のデータより抜粋
url : http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/houkoku/1298713.htm
 食品標準成分表  栄養素別、食品含有量  アミノ酸含有量  食事摂取基準量 

 鶏肉の栄養素の効能と効果とは?鶏むね肉にはナイアシンとセレンが豊富

肉類の食べ物のビタミンB6含有量ランキング

ビタミンB6は穀類、種子、レバー系の食べ物など幅広く含有される栄養素ですが、たんぱく質の摂取量が増加している時はビタミンB6が不足しないようにこれらの食品の摂取するように注意しましょう。

また、ビタミンB6は抗アレルギー作用、神経伝達物質の合成などの働きがあり、欠乏症ではアミノ酸の代謝異常にもつながるとされていますので注意しましょう。

その他栄養素には、ナトリウム、リン、ビタミンD、食物繊維などがありますが、カリウムは浸透圧を保ち筋肉の収縮や筋肉の働きを健全に保ちますし、脂質はエネルギー源となり水の溶け無い性質で、エーテルやクロロホルムなどの有機溶媒に溶ける性質をもちます。

 牛肉の各部位が含む栄養成分の効果とカロリー

食品別の標準成分表、含有栄養素ランキング(100g辺り)
食品名含有量
副生物 生0.89mg
加工品 ビーフジャーキー0.85mg
しちめんちょう 肉、皮なし、生0.72mg
ひき肉 生0.68mg
ささ身 生0.66mg
きじ 肉、皮なし、生0.65mg
副生物 生0.65mg
うずら 肉、皮なし、生0.61mg
ささ身 生0.60mg
すずめ 肉、骨・皮つき、生0.59mg
ささ身 ゆで0.58mg
副生物 生0.57mg
ほろほろちょう 肉、皮なし、生0.57mg
くじらミンクくじら8) 肉、赤肉、生0.54mg
むね 皮なし、生0.54mg
サーロイン 赤肉、生0.54mg
うずら 肉、皮つき、生0.53mg
はと 肉、皮なし、生0.53mg
うさぎ家うさぎ 肉、赤肉、生0.53mg
生ハム 長期熟成0.52mg
ささ身 焼き0.52mg
ランプ 赤肉、生0.52mg
もも 赤肉、生0.51mg
サーロイン 赤肉、生0.50mg
もも 皮下脂肪なし、生0.49mg
リブロース 皮下脂肪なし、生0.48mg
いのぶた 肉、脂身つき、生0.48mg
もも 脂身つき、生0.48mg
ヒレ 赤肉、生0.48mg
トコフェロール 皮なし、生0.47mg
加工品 ローストビーフ0.47mg
ランプ 皮下脂肪なし、生0.47mg
くじらミンクくじら8) 肉、赤肉、生0.46mg
そともも 赤肉、生0.46mg
サーロイン 皮下脂肪なし、生0.46mg
むね 皮つき、生0.45mg
副生物 生0.45mg
ランプ 脂身つき、生0.44mg
ヒレ 赤肉、生0.44mg
もも 皮下脂肪なし、生0.44mg
副生物 生0.43mg
そともも 赤肉、生0.43mg
サーロイン 皮下脂肪なし、生0.43mg
生ハム 促成0.43mg
ロース 赤肉、生0.43mg
もも 皮下脂肪なし、焼き0.43mg
そともも 赤肉、生0.42mg
サーロイン 脂身つき、生0.42mg
ランプ 赤肉、生0.42mg
ヒレ 赤肉、生0.42mg
もも 赤肉、生0.42mg
そともも 皮下脂肪なし、生0.41mg
そともも 赤肉、生0.41mg
そともも 皮下脂肪なし、生0.41mg
もも 皮下脂肪なし、ゆで0.40mg
もも 皮下脂肪なし、生0.40mg
そともも 赤肉、生0.40mg
もも 皮下脂肪なし、焼き0.39mg
リブロース 赤肉、生0.39mg
そともも 皮下脂肪なし、生0.39mg
そともも 脂身つき、生0.39mg
かたロース 赤肉、生0.39mg
ロース 皮下脂肪なし、生0.39mg
ヒレ 赤肉、生0.39mg
サーロイン 脂身つき、生0.38mg
もも 皮下脂肪なし、ゆで0.38mg
ロース 赤肉、生0.38mg
かた 赤肉、生0.38mg
そともも 皮下脂肪なし、生0.38mg
ヒレ 赤肉、生0.37mg
もも 赤肉、生0.37mg
トコフェロール 赤肉、生0.37mg
もも 脂身つき、生0.37mg
そともも 脂身つき、生0.37mg
そともも 皮下脂肪なし、生0.37mg
かた 赤肉、生0.37mg
かた 赤肉、生0.36mg
ひき肉 生0.36mg
そともも 脂身つき、生0.36mg
ロース 脂身つき、生0.35mg
ロース 皮下脂肪なし、生0.35mg
いのしし 肉、脂身つき、生0.35mg
かたロース 皮下脂肪なし、生0.35mg
リブロース 皮下脂肪なし、生0.35mg
もも 赤肉、生0.35mg
ランプ 皮下脂肪なし、生0.35mg
むね 皮つき、生0.35mg
サーロイン赤 肉、生0.35mg
もも 皮下脂肪なし、生0.35mg
ランプ 赤肉、生0.34mg
リブロース 脂身つき、生0.34mg
そともも 脂身つき、生0.34mg
そともも 脂身つき、生0.34mg
もも 脂身つき、生0.34mg
かた 皮下脂肪なし、生0.34mg
かた 皮下脂肪なし、生0.34mg
かた 皮下脂肪なし、生0.33mg
かたロース 赤肉、生0.33mg
ランプ 脂身つき、生0.33mg
ロース 脂身つき、焼き0.33mg
もも 赤肉、生0.33mg
あひる 肉、皮つき、生0.33mg
かたロース 脂身つき、生0.33mg
もも 皮下脂肪なし、生0.33mg
かた 皮下脂肪なし、生0.33mg
ひき肉 生0.33mg
かた 脂身つき、生0.32mg
ロース 脂身つき、ゆで0.32mg
副生物 生0.32mg
ロース 脂身つき、生0.32mg
もも 脂身つき、生0.32mg
もも 皮下脂肪なし、生0.32mg
かた 脂身つき、生0.32mg
かた 脂身つき、生0.32mg
あいがも 肉、皮つき、生0.32mg
ロース 脂身つき、生0.31mg
ランプ 皮下脂肪なし、生0.31mg
もも 脂身つき、生0.31mg
フォアグラ ゆで0.30mg
かた 脂身つき、生0.30mg
かたロース 皮下脂肪なし、生0.30mg
もも 脂身つき、生0.30mg
ランプ 脂身つき、生0.30mg
トコフェロール 赤肉、生0.29mg
副生物 生0.29mg
かたロース 脂身つき、生0.28mg
ばら 脂身つき、生0.28mg
かた 赤肉、生0.27mg
かた 皮下脂肪なし、生0.27mg
ハム類 ショルダー0.27mg
手羽 皮つき、生0.27mg
かたロース 赤肉、生0.27mg
サーロイン 皮下脂肪なし、生0.26mg
もも 皮なし、ゆで0.26mg
トコフェロール 生0.26mg
もも 皮なし、焼き0.26mg
やぎ 肉、赤肉、生0.26mg
ばら 皮下脂肪なし、生0.26mg
かた 脂身つき、生0.26mg
副生物 生0.25mg
かたロース 皮下脂肪なし、生0.25mg
リブロース 脂身つき、焼き0.25mg
ソーセージ類 生ソーセージ0.25mg
もも 脂身つき、生0.25mg
ハム類 骨付0.25mg
かたロース 赤肉、生0.25mg
かたロース 脂身つき、生0.25mg
リブロース 赤肉、生0.25mg
ハム類 ボンレス0.24mg
ソーセージ類 ドライ0.24mg
もも 皮つき、焼き0.24mg
リブロース 皮下脂肪なし、生0.23mg
ばら 脂身つき、生0.23mg
ハム類 ロース0.23mg
サーロイン 脂身つき、生0.23mg
かえるうしがえる 肉、生0.22mg
かたロース 皮下脂肪なし、生0.22mg
ベーコン類 ロース0.22mg
リブロース 脂身つき、生0.22mg
もも 皮なし、生0.22mg
もも 皮なし、生0.22mg
副生物 生0.21mg
もも 皮つき、ゆで0.21mg
かたロース 赤肉、生0.21mg
ばら   脂身つき、生0.21mg
かたロース 脂身つき、生0.21mg
副生物 生0.21mg
ソーセージ類 セミドライ0.20mg
ソーセージ類 リオナ0.20mg
手羽 皮つき、生0.20mg
リブロース 皮下脂肪なし、生0.19mg
リブロース 脂身つき、生0.19mg
かたロース 皮下脂肪なし、生0.18mg
もも 皮つき、生0.18mg
かたロース 脂身つき、生0.18mg
ベーコン類 ベーコン0.18mg
ベーコン類 ショルダー0.18mg
もも 皮つき、生0.17mg
ばら 脂身つき、生0.17mg
リブロース 脂身つき、ゆで0.17mg
ばら 脂身つき、生0.16mg
トコフェロール チョップド0.16mg
ソーセージ類 レバー0.16mg
ソーセージ類 ボロニア0.15mg
ソーセージ類 フランクフルト0.15mg
ハム類 プレス0.14mg
トコフェロール 脂身、生0.14mg
加工品 スモークタン0.13mg
もも 脂身、生0.13mg
ロース 脂身つき、生0.13mg
もも 脂身、生0.13mg
いなご つくだ煮0.12mg
かた 脂身つき、生0.12mg
トコフェロール むね、生0.12mg
すっぽん 肉、生0.11mg
もも 脂身、生0.11mg
そともも 脂身、生0.11mg
ソーセージ類 ウインナー0.10mg
リブロース 脂身、生0.10mg
かたロース 脂身、生0.09mg
ハム類 混合プレス0.09mg
かた 脂身、生0.08mg
ソーセージ類 混合0.08mg
ロース 脂身、生0.08mg
もも 脂身、生0.08mg
もも 脂身、生0.07mg
かたロース 脂身、生0.07mg
ロース 脂身、生0.07mg
かた 脂身、生0.07mg
くじらミンクくじら8) うねす、生0.06mg
トコフェロール 脂身、生0.06mg
加工品 味付け缶詰0.06mg
かた 脂身、生0.06mg
豚足 ゆで0.05mg
副生物 生0.05mg
トコフェロール 脂身、生0.05mg
副生物 ゆで0.04mg
トコフェロール 生0.04mg
はち はちの子缶詰0.04mg
トコフェロール もも、生0.04mg
加工品 コンビーフ缶詰0.04mg
軟骨 生0.03mg
うま 肉、赤肉、生0.02mg
副生物 生0.02mg
リブロース 脂身、生0.02mg
豚足 ゆで0.02mg
くじらミンクくじら8) 本皮、生0.01mg
副生物 ゆで0.01mg
トコフェロール ゆで0.01mg
そともも 脂身、生0.01mg
大腸 生0.01mg
副生物 ゆで0.01mg
副生物 ゆで0.01mg
トコフェロール 生0.01mg
トコフェロール 生0.01mg
トコフェロール ゆで0mg
大腸 ゆで0mg
副生物 ゆで0mg
くじらミンクくじら8) さらしくじら0mg
 食品標準成分表
出典 : 文部科学省、科学技術・学術審議会資源調査分科会日本食品標準成分表2010のデータより
出典元 URL : http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/houkoku/1298713.htm

ビタミンB6と合わせてチェック、ビタミンK食品のランキング

ビタミンKは脂溶性のビタミンで油と一緒に摂取することで吸収率が高まりますが、たんぱく質も重要な役割を持ちますので一緒に摂取するのが理想的ですし、ビタミンKやβ-カロテンの吸収率を上げるために料理の仕上げに油やドレッシングなどをかるく混ぜましょう。

納豆、モロヘイヤ、わかめ、抹茶、緑黄色野菜、海藻類、春菊、チーズなどの食べ物に多く含まれ、ビタミンKは抗生物質を多用すると腸内細菌叢が乱れて不足することもありますので気をつけましょう。

K含有量ランキング、TOP10 (100g辺り)
順位ジャンル食品名含有量
1位し好飲料類玉露 茶4000μg
2位し好飲料類玉露 抹茶2900μg
3位藻類あおのり ほしのり2600μg
4位藻類乾燥わかめ 板わかめ1800μg
5位藻類いわのり 素干し1700μg
6位藻類乾燥わかめ カットわかめ1600μg
7位し好飲料類紅茶 茶1500μg
8位し好飲料類せん茶 茶1400μg
9位調味料及び香辛料類パセリ 乾1300μg
10位藻類まつも 素干し1100μg
出典 : 文部科学省、科学技術・学術審議会資源調査分科会
日本食品標準成分表2010のデータより抜粋
url : http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/houkoku/1298713.htm
 食品標準成分表  栄養素別、食品含有量  アミノ酸含有量  食事摂取基準量 

 thrアミノ酸のトレオニンを含むコウイカや真鯛、スケトウダラなどの含有量ランキング

まとめ

栄養素には亜鉛、ビタミンB12、たんぱく質、n-3系脂肪酸、パントテン酸などがありますが、カリウムは塩分排出効果があり余分なナトリウムの排出に役立つミネラルです。

高血圧の予防やむくみの症状改善に効果的で、カリウムは水に溶けやすい性質ですので調理の際に煮汁に溶け出しやすいのでスープまで摂取しましょう。

また、脂質は食用の脂質(油脂)はごま油や、大豆油、コーン油、オリーブオイルなど常温で液体の油などの種類があり、ラードやバターのように常温では固体の油もあります。

生体膜の構成成分、リン脂質、糖脂質、コレステロールは生体膜の成分で細胞の働きを維持する重要な役割を持っていますし、こうした効果を意識しながら日々、過不足の無い食事メニューに役立てましょう。

 tyrアミノ酸(チロシン)の含有量ランキング、鳩肉やうずらなどの肉類の食べ物編
 アルギニンは納豆やかぼちゃに豊富!ブラジルナッツや落花生などの含有量ランキング
 納豆の栄養成分と効能!人気のおかずのレシピ
 ドラゴンフルーツの栄養素と効果!マンゴーやパパイヤ以上に凄い効能とは?


サイト内検索

関連キーワード検索 :  ミンク  ラム  栄養素  ビタミン  B6 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  かぼちゃ  春菊 
関連キー( 果物類 )  あんず  グレープフルーツ 
関連キー( 肉類 )  サーロイン  ハム 

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

おだやか生活 (株式会社全日本通販)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

おだやか生活の機能性表示

本品には、サーデンペプチド(バリルチロシンとして)が含まれるので、血圧が高めの方の血圧を下げるのを助ける機能があります。血圧が高めの方に適した食品です。

 おだやか生活の詳細はこちら

大分県由布市の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位福岡県237425人222815人248640人
2位東京都245746人240745人239516人
3位大阪府174762人181127人199941人
4位兵庫県112004人122388人134072人
5位神奈川県124061人135317人129540人
由布山 雲海 由布川峡谷 鳥居
■ 由布市の主な観光地
由布山 雲海 由布川峡谷 鳥居
奥江温泉 篠原温泉
庄内温泉 津江温泉
塚原温泉 湯平温泉

詳細はこちら   由布や人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。 そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。 生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。 最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。 豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture 必要な栄養を驚くほど吸収しやすくなる食べ合わせ

食事をする際にこの食べ合わせ最強だな~とか、なんかこの組み合わせって落ち着くな~って思うことが結構あるんですが、大体こう感じる食べ物の組み合わせって理にかなっていて栄養なんかを摂りやすい組み合わせになっている場合が多いんです。 ごはんと味噌汁だったりパンと牛乳だった

 食生活      

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。 風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

ランキングの最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?