成長期の栄養補給に必要とされるビタミン、ミネラルとは?

成長期に必要となる栄養補給はとても重要で、誰にでも訪れる成長の時期に摂取する栄養素で大なり小なり成長に影響を及ぼしますが、自身が子供のうちは特に栄養補給などを意識せずに成長期を過ごしてしまったことでしょう。

その後親となりわが子の健全な発育の為、今後の人生に大きく関わる成長期の成長を適切に行なうため、より健康により身長を高く伸ばすために親として適切な栄養補給をはじめ子供の成長期に行なえることは実に多くあります。

下校
下校

毎日の食事での栄養管理、適度な運動、生活リズムの管理、十分な睡眠など基本的なことから、少し手間のかかる方法がありますが、子供の成長期に必要なこれらの内容を確認し、わが子の健全な成長に丈夫な体作りに活かしましょう。

目次

成長期とは?何歳から何歳までが成長期なのか?

一般的に成長期と言うと子供のころよざっくりと知られていますが、第一次成長期と第二次成長期、第三次成長期があり通常成長期と言われると第二次成長期の時期を指すことが多く、男子は11歳~12歳、女子は10歳ころからと言われています。

早く訪れる場合もあり、9歳頃から成長期に入ることもありますが、この第二次成長期に特に気になるのが子供の身長の伸びで必要な対策や生活習慣を行うことが必要となってきます。

子供の身長の伸びは骨(骨端線)が伸びることのことで、この骨(骨端線)の成長がこの時期に集中的に行われることで、体格差や身長の伸び、全身のバランスなどに大きく関わり、その後の人生に関わることとなる慎重を形成していくことになります。

この骨端線の伸びが終了する時期が身長の伸びが止まる時期で、一般的に成長期の終わりとされますが、男子の場合16歳前後、女子で15歳前後で成長期が終了しますので、この時期が非常に重要な時期ですし成長期と呼ばれる時期です。

では、この成長期、骨端線が成長する時期になにをすればいいのでしょうか?まずは簡単に行える子供の成長期に行ないたい基本的な対策は、栄養補給や管理、しっかりとした睡眠、程度な運動などが必要です。

子供の成長期に栄養補給が必要なのは当然のこと

人は毎日の食事から栄養を補給し、それら摂取したビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養素を体内でさまざまな細胞活動や生命維持、健康管理、免疫の向上などに役立てながら生活しています。

こうした働きは成長期を迎える子供にとっては非常に大切な時期であり必要なこと、大人以上に重要な時期でもありますので、この時期、成長期の大切な時期にしっかりとした栄養補給を行い不足しないようにし必要な栄養素を体中に供給しなければいけません。

さらに子供の代謝は大人の代謝に比べて非常に多くなりますので、より多くの栄養補給が必要となりますし、成長期の子供だからこそ摂取しておきたい栄養素も多くあります。

それらの栄養素の確認と、成長期に必要な栄養補給の方法を確認しておきましょう。

その前に、子供の成長期に行ないたくない習慣とは?

子供は多くのエネルギーを必要としていますし栄養不足に陥りやすい時期になりますので、日々の食事の管理をしっかりと行い必要な栄養素が不足しない食生活を心がける必要があります。

また、忙しい毎日の中簡単に作ることができる冷凍食品やカップラーメンなどの便利で美味しい食品の多用にも注意が必要で、これらの食品には多くの食品添加物なども含まれていますのでアレルギーや味覚への影響なども気になるところです。

こうした食品は食べ過ぎると骨の成長を妨げるとも言われますので、成長期と言う子供にとっての一生を左右するこの時期にこうした食品を多用するのに注意しましょう。

もちろん非常に美味しい食品が多く便利なので、上手く食生活に取り入れるように工夫をすることが大切ですし、栄養管理だけでなく運動不足や睡眠不足、生活リズムの乱れなどにも注意しましょう。

No Picture

 カルシウム食べ物ランキング

カルシウムの食べ物ランキングを確認し日々のカルシウムの摂取や食事のレシピ、子供の成長にも大きく関わる栄養素であるカルシウムの日々の摂取に役立てましょう。カルシウムは骨や歯の成長や強化に重要な栄養素であることは広く知られていますしイライラ感や神経過敏などにも関わるミネラ

骨の成長に欠かせないカルシウムと効果を高める栄養補給の方法とは?

成長期に必要な栄養補給に特に重要となるカルシウムは骨の成長に欠かすことのできない栄養素として知られていますが、このカルシウムが歯や骨の材料となりますし神経や筋肉の働きを正常にしたり血液の凝固などにもかかわります。

体内では骨は絶えず作り直されておりますので子供でなくとも大人になってからも非常に重要な栄養素で、高齢になると骨粗鬆症などの病気に悩むことにもつながりますので子供のうちからしっかりとカルシウムを摂取する習慣を持つことが必要となってきます。

このカルシウムの吸収を良くする栄養素としてビタミンDが挙げられ、カルシウムとリンの吸着を高め骨の強化につながる栄養素ですのでカルシウムとあわせての摂取が効率的ですし、アルギニン、リジンなどのアミノ酸の摂取でも吸収率がアップします。

また、カルシウムとマグネシウムのバランスは2対1以上が理想的とされていますので、カルシウムばかりではなくマグネシウムの摂取も重要になってきますし、骨に沈着させる役割を持ちますのでマグネシウムの摂取もしっかりと行いましょう。

アスミールは子供の成長に必要なカルシウム量が豊富

子供の成長に必要な成長ホルモン、その成長ホルモンにとって重要なのが亜鉛、プラセンタ、そしてアルギニンです。

アスミールにはこれら子供の成長に必要な栄養素がふんだんに含まれており、吸収しやすいカルシウムに吸収率を高めるビタミンも配合し、成長期のお子さんの健全な成長に必要な栄養素の摂取につながるアスミールはこちら ↓↓↓↓↓



タンパク質は全身の細胞の材料ともなるのでとても重要

タンパク質はさまざまな食品に含まれますので摂取するのに苦労することはありませんが、子供の成長期には非常に重要な役割を果している栄養素です。

大豆製品や乳製品、肉類などにも豊富に含まれますので、子供の成長期にはこうした食品を日々の食習慣にしっかりと取り入れることで、自然と栄養補給できる状態を作ることが大切です。

また、ビタミンB6を一緒に摂取することでもタンパク質の合成や分解を促進することができますので、ビタミンB6を多く含む食品の摂取も欠かせませんしタンパク質には免疫力を高める効果もありますので成長ばかりでなく健康にもつながります。

また、筋肉の成長にもタンパク質は欠かせませんので、しっかりと運動して体を動かし筋肉を使わせて、筋肉の素材となるタンパク質を日々摂ることは頑丈な体作りには欠かせませんので、特にスポーツなどに取り組む場合がタンパク質を多く摂取できるレシピを取り入れましょう。

マグネシウムの働きと酵素作用の活性化

マグネシウムはカルシウムとの摂取バランスが大切で骨の強化に重要な役割をもつミネラルですが、骨の強化ばかりでなく体内のさまざまな酵素の働きにも関わります。

酵素の働きに関与することでエネルギーの生産や筋肉の動き、ホルモン分泌などにもかかわりますのでしっかりと摂取しておきたいミネラルですし、体内のマグネシウムは骨に貯蔵されていますのでマグネシウムが不足するとカルシウムの沈着も悪くなりますのでしっかりと摂取しましょう。

No Picture

 マグネシウム食べ物ランキング

マグネシウムの食べ物ランキングを確認し、日々の食事メニューの食材に含まれるマグネシウム量を確認し栄養管理に役立てましょう。マグネシウムは細胞内に広く分布するミネラルで、そのほとんどの3分の2は骨に存在していますし、骨の構成物質としてカルシウムなどと同様に重要な役割を果して

リンもマグネシウムと同様に骨の強化に役立つ働きが

リンもカルシウムやマグネシウムと同じくミネラルの一種で、歯や骨を作るのに役立ちますしカルシウムとともに骨を作る役割を持ちます。

肉類や魚類に多く含まれており簡単に摂取できますが、食品添加物などリンの過剰摂取がカルシウムや鉄の吸収を妨げてしまうことがありますので、特にカルシウムを必要とする成長期にはリンの取り過ぎに注意し加工食品やインスタント食品は回数を減らして利用しましょう。

ビタミンB群はこれらの働きを助ける効果がある

ビタミンB群はビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンなどがあり酵素の補酵素としてさまざまな役割を果しています。

毎日の食事からタンパク質や脂質などの栄養素を摂取しますが、これらの栄養素を消化したり代謝するのに重要なのがビタミンB群で、特に代謝の高まる子供の成長期には欠かすことのできない栄養素とも言えるでしょう。

また造血作用などもありますので、合わせて成長期の栄養補給としてこれらビタミンB群をしっかりと摂取しましょう。

No Picture

 ビタミンB1食べ物ランキング

ビタミンB1を含む食べ物のランキングを食品カテゴリーごとと総合ランキングでまとめて確認し、ビタミンB1の摂取に役立て栄養バランスの整った食生活につなげましょう。ビタミンB1はビタミンB群のひとつで補酵素として糖質の代謝に関わる働きをもつビタミンで、神経組織の働きの正常化や

これらを栄養補給しバランスよい栄養素の摂取を行なう

これらの栄養素の他にも、赤血球の形成に関わる鉄や骨の石灰化をすすめるビタミンK、細胞の成長や合成を促す亜鉛、身長を伸ばすのによいとされるアミノ酸の一種のアルギニンなど幅広く栄養補給を行い、大切な成長期に必要な栄養素が不足しないようにすることが大切です。

日々の栄養管理は大変な作業ですし時間的な梗塞や知識的な問題もありますので、子供の成長期に役立つ栄養素や必要とされるビタミンやミネラルなどを豊富に含んだコチラを活用するのもよいでしょう。

子供の成長期はしっかりとした運動、スポーツを行なう

子供の頃は学校で自然と運動を行なうことが多いですが、健全な成長に役立てるように積極的に運動を行なう習慣を身に付けましょう。

適度な運動はエネルギーの消費や筋力の発達などにつながりますし、その運動エネルギーを生み出す為に食欲が増進され代謝も高まります。こうしたサイクルが自然と幅広い栄養素の摂取につながりますし、成長ホルモンの分泌を促してしっかりと成長を促します。

また、運動を行うことで生活リズムも整えられ疲労から深い睡眠をとることもできますし、睡眠中に分泌される成長ホルモンを効率的に出すことにもつながります。

寝る子は育つとはよく言ったもので、成長期の子供はしっかりと運動させしっかりと食べさせ、そして眠らせることが基本的なことと言えるでしょう。

まとめ

子供の成長は遺伝による所も多いですが、こうした生活習慣を変えることでも大なり小なり対策となりますので、人生を形成する重要な時期が成長期であることを意識し、健全な子供の成長につながるように毎日の栄養補給、運動、睡眠を規則正しく行ないましょう。

特に必要な栄養素はカルシウム、たんぱく質、ビタミンB群、マグネシウム、鉄などがありますが、βカロテン(ビタミンA)、炭水化物、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、亜鉛などの栄養素も重要ですので、偏らない食生活でしっかりと子供の成長期の栄養補給を心がけましょう。

しっかりと栄養補給したい!しかし、時間が無い!そんな方はこれら子供の成長期に大切な栄養素が含まれるこちらを活用するといいでしょう。⇒⇒⇒アスミール 詳細はこちら

No Picture

 亜鉛食べ物ランキング

亜鉛の多い食べ物のランキングを食品カテゴリー総合ランキングとカテゴリー毎のランキング別でまとめていますので、含有量や食べ物の種類を確認し毎日の食事メニューやレシピに役立てて、栄養バランスや摂取量に役立てましょう。亜鉛はさまざまな働きをもつミネラルで、100種類もの酵素の補

サイト内検索

関連キーワード検索 :  成長期  栄養補給  必要  ビタミン  ミネラル 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  キャベツ  にんじん  トマト 
関連キー( 果物類 )  りんご  みかん  アボカド 
関連キー( 肉類 )       

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

北の国から届いたブルーベリー (八幡物産株式会社)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

北の国から届いたブルーベリーの機能性表示

本品にはビルベリー由来のアントシアニンが含まれます。アントシアニンには、ゲーム、パソコン作業、事務作業など目をよく使うことによる、目の疲労感、目の乾き、ピント調節機能の低下を緩和することにより、目の調子を整える機能があることが報告されています。

 北の国から届いたブルーベリーの詳細はこちら

栃木県那須塩原市の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位東京都198585人179831人187121人
2位埼玉県180376人148373人164432人
3位千葉県128603人97695人120223人
4位茨城県108442人89178人101339人
5位神奈川県87026人79165人85623人
ロープウェイ
ロープウェイ
那須山
那須山
茶臼岳
茶臼岳
塩原温泉郷
塩原温泉郷
■ 那須塩原市の主な観光地
塩原温泉 塩原平家獅子舞
巻狩鍋 関谷の城鍬舞
逆スギ 旧塩原御用邸新御座所

詳細はこちら   那須塩原や人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture ベルタ葉酸サプリの効能と摂取量!安心な出産を迎えるために出来ること

葉酸とは水溶性ビタミンのひとつで造血作用や補酵素としてアミノ酸の代謝や核酸の代謝に関わる効能をもつ栄養素です。幅広い食物に含まれるビタミンで日々の食事からの摂取も行えますので欠乏や不足状態に陥ることはまれですが、葉酸不足時の症状として挙げられるのが貧血や食欲不振、口内炎な

 健康補助食品        

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

成長の最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?