北海道の総人口数や子供の人口推移と増減



北海道には函館市では函館クリスマスファンタジー、義経神社例大祭、恵山、香雪園、市民創作「函館野外劇」、赤松並木、湯の川温泉、特別史跡五稜郭跡、函館ひかりの屋台「大門横丁」、函館山からの夜景などの観光資源がありますし、富良野市にはドラマ「北の国から」ロケ地、富良野スキー場などの観光地が人気です。

また、登別市はカルルス温泉、鬼像、登別温泉などの日本を代表する温泉地ですし、釧路市ではあいすランド阿寒、イオマンテの火まつり、エコミュージアムセンター、タンチョウ生息地などの観光資源があります。

そんな北海道ですが、日本各地の市町村と同様な問題が人口変動から見られますので、北海道のこれまでの人口推移と今後の予想などを確認し、そこから見える今後の課題、高齢化や少子化などの問題点を確認して行きたいと思います。

目次

日本(北海道)の人口の推移と増減

北海道では年少人口、子供の人口数を確認することで見える今後の消費者世代の推移や働き盛りの年代の増減などを確認して行きたいと思います。

利用上の注意点

以下の情報は、RESAS(地域経済分析システム)を加工して作成おり、全国各地の都道府県、市町村ごとの人口増減の推移をまとめておりますが、人口構成に関するコメントは各データを元にシステム的に出していますので不自然な点はご了承下さい。

  • 出典:RESAS(地域経済分析システム)
  • URL : https://opendata.resas-portal.go.jp/

北海道の総人口の人口増加の現状や理由

人口増減(人)増減(%)
1960年5039206人0%
1965年5171800人1325942%
1970年5184287人124870%
1975年5338206人1539192%
1980年5575989人2377834%
1985年5679439人1034501%
1990年5643647人▲35792▲0%
1995年5692321人486740%
2000年5683062人▲9259▲0%
2005年5627737人▲55325▲0%
2010年5506419人▲121318▲2%
2015年5361296人▲145123▲2%
2020年5178053人▲183243▲3%
2025年4959984人▲218069▲4%
2030年4719100人▲240884▲4%
2035年4462042人▲257058▲5%
2040年4190073人▲271969▲6%

北海道の総人口はこれまで増加傾向で推移し増減率や増減幅は大きくありませんが注意が必要で、2040年には1960年比で849133人程の減少で17%程度の人口減少が予想されます。

は人口減少が継続的に進んでいるので、今後は地域コミュニティの維持問題や税金不足などでのインフラなどの地域サービスの低下も考えられます。

北海道の年少人口の人口推移の現状と未来予測からみえること

人口増減(人)増減(%)総人口比
1960年1681479人0%32%
1965年1462123人▲219356▲13%28%
1970年1309487人▲152636▲10%25%
1975年1312611人31240%25%
1980年1298324人▲14287▲1%25%
1985年1217959人▲80365▲6%23%
1990年1034251人▲183708▲15%19%
1995年898673人▲135578▲13%17%
2000年792352人▲106321▲11%15%
2005年719057人▲73295▲9%13%
2010年657312人▲61745▲8%12%
2015年596478人▲60834▲9%11%
2020年531024人▲65454▲10%10%
2025年469343人▲61681▲11%9%
2030年416799人▲52544▲11%8%
2035年381148人▲35651▲8%7%
2040年353413人▲27735▲7%6%

北海道の年少人口はこれまで減少傾向で推移しこの先は継続的に減少が進む可能性が高いと予想されており、2040年には1960年比で1328066人程の減少で79%程度の人口減少が予想されます。

年少人口の減少率が79%と大幅では人口減少が継続的に進んでいるので、労働力不足や食費者不足なども問題も考えられます。

年少人口は2040年には1960年と比べて総人口比率で32%から6%程度に減少しており、総人口比率が26%もの減少が予想されますので今後の推移に注意が必要です。

全国平均は平成28年10月1日現在で12.4%で過去最低を記録していますが、北海道は6%と今後は全国平均以下への推移が予想されるので危険な状態です。

年少人口の減少率が26%と大幅に減少が進んでいるので、年代ごとの減少状況を確認し今後の対策を取る必要があるでしょう。

北海道の生産年齢人口の増加と減少の推移と推計

人口増減(人)増減(%)総人口比
1960年3145664人0%60%
1965年3460359人31469510%66%
1970年3575731人1153723%68%
1975年3657884人821532%70%
1980年3823808人1659244%73%
1985年3910729人869212%75%
1990年3924717人139880%75%
1995年3942868人181510%76%
2000年3832902人▲109966▲2%73%
2005年3696064人▲136838▲3%71%
2010年3482169人▲213895▲5%67%
2015年3190150人▲292019▲8%61%
2020年2950493人▲239657▲7%56%
2025年2774446人▲176047▲5%53%
2030年2588899人▲185547▲6%49%
2035年2381512人▲207387▲8%45%
2040年2129332人▲252180▲10%41%

北海道の生産年齢人口はこれまで増加傾向で推移し増減率や増減幅は大きくありませんが注意が必要で、2040年には1960年比で1016332人程の減少で33%程度の人口減少が予想されます。

生産年齢人口の減少率が33%とやや高くは人口減少が継続的に進んでいるので、人口バランスの乱れや今後の地域の発展に影響が考えられます。

生産年齢人口は2040年には1960年と比べて総人口比率で60%から41%程度に減少しており、総人口比率が19%もの減少が予想されますので今後の推移に注意が必要で生産年齢人口不足に注意しましょう。

全国平均は平成28年10月1日現在で60.3%、平成4年で69.8%ですが、北海道は41%と今後は全国平均以下が予想されるので生産年齢人口不足が予想され危険な状態です。

北海道の老年人口の総人口や高齢者数などの推移

人口増減(人)増減(%)総人口比
1960年212063人0%3%
1965年249318人3725517%4%
1970年299069人4975119%5%
1975年366651人6758222%6%
1980年451727人8507623%8%
1985年549487人9776021%10%
1990年674881人12539422%12%
1995年844927人17004625%15%
2000年1031552人18662522%19%
2005年1205692人17414016%22%
2010年1358068人15237612%25%
2015年1574668人21660015%29%
2020年1696536人1218687%31%
2025年1716195人196591%32%
2030年1713402人▲2793▲0%32%
2035年1699382人▲14020▲0%31%
2040年1707328人79460%31%

北海道の老年人口はこれまで増加傾向で推移し増減率や増減幅は大きくありませんが注意が必要で、2040年には1960年比で1495265人程の増加で805%程度の上昇率での人口増加が予想されます。

長期的に人口が増加しているは魅力的な地域ですが、住民トラブルや自治会での問題、住居や騒音など新たな問題も考えられますし、北海道は老年人口が全国平均の27.3%以上の数値が高い地域で50%超えの限界集落に近い割合で推移している地域で対策が必要です。

2040年には1960年と比べて総人口比率で3%から31%程度に増加、老年人口の総人口比率が28%もの増加が予想されますので、今後の老年人口の推移には注意が必要な地域で、全国平均は平成28年10月1日現在で27.3%で過去最高を記録、北海道は31%と今後は全国平均以上が予想されるので老年人口の増えすぎや50%越えの限界集落への危険性が高い状態です。

サイト内検索

関連キーワード検索 :  北海道  総人口数  子供  人口推移  増減 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  キャベツ  にんじん  トマト 
関連キー( 果物類 )  りんご  みかん  アボカド 
関連キー( 肉類 )       

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

ユッケジャン (日本水産株式会社)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

ユッケジャンの機能性表示

本品には、EPA・DHAが含まれます。EPA・DHAには中性脂肪値を下げる作用があることが報告されています。

 ユッケジャンの詳細はこちら

石川県金沢市の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位東京都523719人510475人868182人
2位神奈川県245059人268521人465689人
3位埼玉県186737人170997人367070人
4位千葉県139867人133225人267096人
5位大阪府228891人220723人178257人
和菓子
和菓子
金沢城
金沢城
金沢東茶屋街
金沢東茶屋街
金沢兼六園
金沢兼六園
■ 金沢市の主な観光地
あめの俵屋 近江町市場
金沢21世紀美術館 金沢の茶屋街
金沢市卯辰山麓伝統的建造物群保存地区
金沢市寺町台伝統的建造物群保存地区

詳細はこちら   金沢や人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture ベルタ葉酸サプリの効能と摂取量!安心な出産を迎えるために出来ること

葉酸とは水溶性ビタミンのひとつで造血作用や補酵素としてアミノ酸の代謝や核酸の代謝に関わる効能をもつ栄養素です。幅広い食物に含まれるビタミンで日々の食事からの摂取も行えますので欠乏や不足状態に陥ることはまれですが、葉酸不足時の症状として挙げられるのが貧血や食欲不振、口内炎な

 健康補助食品        

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

人口の最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?