脳梗塞の予防効果のある食品と食事のレシピ

脳梗塞は突然起こる為危険な病気なので前兆症状や原因に注意を払い日々予防効果のある食事のレシピや食品等の摂取による血行促進や血栓の予防などの事前の脳梗塞の予防もとても重要です。

病室

程度にも寄りますが一度脳梗塞になると長期間後遺症に悩まされたり半身不随や寝たきりや介護が必要な状態になる等、大変な労力を必要とする年月を送らなければいけなくなってしまいます。

日頃からめまいやしびれ、頭痛やふらつき、物忘れなどの症状が自身に起こっていないか、又は身近な人にそういった症状が出始めている人がいないかを特に年齢を重ねた方や高齢の方には気を配っておく必要がありますし、そうした脳梗塞の危険性のある症状が出たときの対処法を確認しておきましょう。

脳梗塞とは

頭痛にめまいや記憶障害の症状や前兆を伴い脳の動脈の閉塞や狭窄で脳虚血状態に陥り酸素不足や栄養不足で脳の壊死、又は壊死に近い状態に陥る病で日本では毎年約50万人近い発症があるとされている非常に危険な病気である。

細かく分類するとアテローム血栓性脳梗塞、塞栓性(脳塞栓症)、ラクナ梗塞や血栓性、塞栓性、血行力学性などがありそれぞれ特徴があるが、脳梗塞は徐々に進行するものから突発的に発症する場合もあるので注意や確認が必要だろう。

因みに脳卒中は脳出血、くも膜下出血、頭蓋内出血、脳梗塞に分類されている。

主な症状と早期発見に役立つ前兆現象

先にも述べているが日常の生活の中での異変や変化を見逃さない事が重要であり、めまいやしびれ、頭痛やふらつき、物忘れなどの症状が慢性的に起きている場合は特に注意が必要だ。

症状の出始めに気が付く事で早期発見にもつながりますので常日頃から警戒しておく必要があるでしょう。

関連 : 食生活の改善は日々の積み重ねから

前兆現象でもある急な眠気やめまい

頭痛やしびれ、急な眠気やめまい等の症状は常日頃から警戒しておく必要があるでしょう。突然脳梗塞に襲われる場合もあるが事前に前兆現象や症状としてこれらの異変が起きている場合も多く、これらの症状を予防する事で脳梗塞の予防へとつなげる事が重要です。

安易に考える事無く常日頃からこれらの事前の前兆症状に注意を払っておきましょう。

発症後の主な症状

注意

脳梗塞は壊死した領域によって様々な症状が現われる為、記憶の働きを阻害したり身体の運動機能が停止したり、意識障害や言語障害や身体の麻痺など様々な症状が現われる恐ろしい病気です。

しかも突発的に起こる事もある為、突然命を奪われたりそれまでの生活が一変するなどの大変な事態に陥る場合が多いのも怖い所です。

脳機能の一部の壊死により半身不随や片側の麻痺、体の一部のしびれ等の症状が出る場合があります。リハビリや長期間の治療によって改善する場合もありますがケースバイケースのようです。

また言語障害に陥る場合もあり言葉にする機能が低下しうまく機能しない状態になる為に多大なストレスや苦労の伴う状態ともなるでしょう。ふらつきやつまづきなどの平衡機能の悪化や歩行不良や失明などの影響が起こる場合もあるのも恐ろしい点です。

脳梗塞の後遺症と対策

病気の男性

発症後の症状でも述べていますが麻痺や言語障害や意識障害、運動機能の低下や失明などの危険性があります。

これら脳梗塞による後遺症はリハビリで症状が改善する物もあれば発症後一生そのままになる後遺症もあるので脳梗塞になった場合はこれらの後遺症との闘いにはある程度の覚悟が必要でしょう。

また、家族が発症した場合も看病や闘病の段階で大きな労力や負担が掛かるのもこういった突発的に起こる病気の怖い所でもありますので、ある程度脳卒中や脳梗塞の危険性が高い年齢になってきたら常日頃から知識の収拾や保険の見直しなどの事前に出来る準備や、前兆現象への注意やこれらの症状の予防等を行っておく必要があるでしょう。

物忘れやてんかん等の恐怖!リハビリが重要

脳梗塞は脳の病です。脳は様々な機能の中心的役割を果たしていますので発症すると様々な症状を起こす事になります。物忘れなどは年と共に多くなってきますが、脳細胞の壊死により重症化し通常の生活を送る事も困難になるでしょうし長期的なリハビリが必要になって来ます。発作的に特殊な行動を繰り返すてんかんなども脳の慢性疾患として知られており、脳梗塞などの脳の病気による後遺症として現われる場合が多いとされています。

医師の指示の元適切な処置と長期的なリハビリを行い少しづつ症状を改善して行く事に勤めましょう。

血栓予防や血行改善に効果のある食品や食事のレシピ

サバの干物

血栓の予防には血液サラサラ効果のある食品を食べる事も大きな予防につながります。

ヨーグルトや納豆、玉ねぎや青魚に多く含まれるDHAやEPA等も血液をさらさらにする効果があるとされていますし、お茶や海藻類、きのこ類やネギ系の食品もサラサラ成分が豊富に含まれていることで良く知られています。

これらの食品や食材は様々なレシピに取り入れる事が可能な用途の幅広い食材です。日頃の食事を見直し血液をサラサラにする効果のある栄養成分を含む食事の摂取を心がけるようにしましょう。

また、食事の際は肥満やコレステロール等にも注意が必要ですし、常日頃からの適度な運動で代謝を高める事も重要ですので、食事だけでなく総合的な脳梗塞の予防も行うべきだと考えます。

他には水分を適度に取る事は脳梗塞の予防に良いとされています。夜間の睡眠時などに水分不足に陥る事を原因やきっかけとして、夜間から早朝にかけての発症が多いとされていますので、就寝前の水分補給や就寝中もしっかりと水分補給を行う習慣をつけるといいでしょう。

関連 : 梅干しの効能は夏バテ対策や美容、風邪の予防に効果的

まとめ

脳梗塞や脳卒中は突然起こりうる恐ろしい病気です。

それまでの生活が一変し闘病や看病などで多大な苦労や心配、労力を長期的に考えなければいけない状態に陥ります。そうならない為にも日頃から脳梗塞の予防や前兆症状の早期発見など可能な事は行っておくべきでしょう。

これらの脳梗塞の予防に役立つ食材などは知識として知っておく事も重要ですので、これらの食品や食材が脳梗塞の予防に効果があるという事を意識しながら食事をとるだけでも意識の変化が生まれてきますので行ってみるといいですし、危険な年齢になってきたら定期的に医師の診断などを受け適切な対処や早期発見に努める事が一番だと思います。

関連 : ビタミンb1を多く含む食品や野菜とその効果と効能


サイト内検索

関連キーワード検索 :  脳梗塞  予防効果  食品  食事  レシピ 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  キャベツ  にんじん  トマト 
関連キー( 果物類 )  りんご  みかん  アボカド 
関連キー( 肉類 )       

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

リラックスカフェゼリー (安曇野食品工房株式会社)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

リラックスカフェゼリーの機能性表示

本品にはGABAが含まれています。GABAには事務的作業に伴う一時的な精神的ストレスを緩和する機能があることが報告されています。

 リラックスカフェゼリーの詳細はこちら

山梨県笛吹市の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位東京都484479人524244人618568人
2位神奈川県177542人191032人222397人
3位埼玉県150345人157951人186168人
4位千葉県107397人123295人129704人
5位山梨県55513人51964人56034人
富士山 武田信玄像 忍野八海 ぶどう
■ 笛吹市の主な観光地
富士山 武田信玄像 忍野八海 ぶどう
芦川のスズラン生育地
塩山果実の郷
史跡甲斐国分寺跡
史跡甲斐国分尼寺跡
春日居温泉郷 石和温泉郷

詳細はこちら   笛吹や人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。 そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。 生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。 最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。 豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture 必要な栄養を驚くほど吸収しやすくなる食べ合わせ

食事をする際にこの食べ合わせ最強だな~とか、なんかこの組み合わせって落ち着くな~って思うことが結構あるんですが、大体こう感じる食べ物の組み合わせって理にかなっていて栄養なんかを摂りやすい組み合わせになっている場合が多いんです。 ごはんと味噌汁だったりパンと牛乳だった

 食生活      

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。 風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

食品の最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?