にんにく卵黄(てまひま堂)の栄養成分と効果効能

にんにく卵黄の栄養成分の一覧とそれぞれの効果や効能を確認して行きたいと思いますが、てまひま堂のにんにく卵黄の公式サイトを確認するとビタミンB6をはじめアリシンやスコルジン、ゲルマニウム、ビタミンB1、コリンアセチルコリン、カルシウム、9種類のアミノ酸のバリン、ロイシンやリゾチーム、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養成分が含まれています。

にんにく
にんにく

そもそもにんにくは疲労回復効果が高い食品として知られていますし、一方で卵黄は完全栄養食とも言われる食品でもある卵の特に栄養が豊富な卵黄の部分からなりますので、豊富な栄養価なのは今でもありません。

各栄養素の詳細な含有量などは公式サイトを確認して頂くとして、ここからはこれらの栄養素の効果や効能を確認していきたいと思います。

栄養成分と効果効能

栄養素は日々の食事からの摂取が基本ですので、生活習慣や年齢によって必要となる栄養素の摂取を日々行わなければいけません。

にんにく卵黄は利用方法も簡単で多くの栄養素を摂取する方法としておすすめですが、含有する栄養素にどのような働きがあるのかを知っておく必要がありますので、以下でまとめて行きたいと思います。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝に関わる

にんにく
にんにく

アミノ酸はタンパク質の構成物質で体内では内臓や皮膚、爪などのさまざまな部位の材料ともなりますが、このタンパク質の分解に重要な役割を持つのがビタミンB6です。

さまざまな部位に必要となるタンパク質の分解を適切に行いアミノ酸へと変換、分解していくことは幅広い効果につながりますので非常に重要ですので、にんにくに多く含まれるビタミンB6の摂取によってこれらの効果が期待されます。

にんにくにはアリシンが豊富!その働きとは?

玉ねぎ
玉ねぎ

アリシンはにんにくの代表的な栄養成分で疲労回復効果につながる働きがあることで知られています。

にんにくはスタミナ食材として知られていますが、このアリシンの働きによるところも大きく、ビタミンB1と結合することでさらに効果が高まるとされています。

ビタミンB1は糖質の代謝などにかかわりますが、アリシンと結合することで、この糖質の代謝の持続性が増しますので疲労回復が長時間に渡って継続されるとされています。

疲れやすい、疲労が抜けない際はにんにくのアリシンとビタミンB1の組み合わせを活用するとよいでしょう。

スコルジンとアリシンでより相乗効果が生まれる

スコルジンはアリシンと同様に硫化アリルのひとつで免疫力の向上や代謝の促進、疲労回復効果などがあるとされています。

これは先に挙げたアリシンなどと同様な効果がありますし、アリシンとスコルジンとのにんにくの代表的な栄養成分の働きが際立ちます。

カルシウムは骨の成長や精神面でも重要な栄養成分

カルシウムは卵黄に多く含まれる栄養成分ですが、骨の材料となったり歯の成分であったりと絶えず必要とされるミネラルの一つです。

年齢を重ねると骨密度なども低下してきますし、毎日の食事での適切なカルシウムの摂取が大切になってきますが、にんにく卵黄では手軽に豊富なカルシウムを摂取するのにもつながりるのも良い点です。

カルシウムが不足すると精神的な影響、骨への影響も大きいので日々の食事での摂取を基本として不足しないように注意が必要な栄養成分のひとつです。

幅広いアミノ酸が大きな効果につながる

腹筋
腹筋

アミノ酸はタンパク質の構成物質でもある栄養成分ですが、卵黄に多く含まれることからにんにく卵黄にも9種類に渡るアミノ酸が含まれるとされています。

これらのアミノ酸はロイシンなどの筋力アップにつながる働きをもつアミノ酸や、チーズやバナナなどに多く含まれるトリプトファンなどが挙げられますが、にんにく卵黄にはロイシンやバリンなどが含まれています。

タンパク質は幅広い部位の材料ともなりますの、日々欠かすことなく摂取する必要がある栄養成分ですので、にんにく卵黄の活用はこれらの摂取と疲労回復などにもつながるとも考えられます。

まとめ

にんにく卵黄にはこれらの栄養成分以外にもビタミンB1、アセチルコリン、バリン、リゾチーム、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養成分が含まれています。

日々の栄養摂取は食事からが基本ですが、取りきることのできない栄養素を補うのに、簡単にとることができるにんにく卵黄を利用してみると良いでしょう。

サイト内検索

関連キーワード検索 :  卵黄  栄養成分  効果効能 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  にんにく 
関連キー( 果物類 )  すだち 
関連キー( 肉類 )   

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

ネイチャーメイド ルテイン (大塚製薬株式会社)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

ネイチャーメイド ルテインの機能性表示

本品にはルテインが含まれます。ルテインは、目のコントラスト感度(色の濃さの判別力)をサポートすることが報告されています。

 ネイチャーメイド ルテインの詳細はこちら

栃木県日光市の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位東京都1435645人1597243人1728529人
2位埼玉県841909人920746人960773人
3位千葉県570324人634357人683815人
4位神奈川県540391人598382人607051人
5位栃木県307438人311288人348288人
華厳の滝
華厳の滝
龍王峡
龍王峡
中禅寺湖
中禅寺湖
八丁出島
八丁出島
■ 日光市の主な観光地
鬼怒川温泉 足尾銅山
二荒山神社 日光の社寺
日光霧降高原 龍王峡

詳細はこちら   日光や人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture ベルタ葉酸サプリの効能と摂取量!安心な出産を迎えるために出来ること

葉酸とは水溶性ビタミンのひとつで造血作用や補酵素としてアミノ酸の代謝や核酸の代謝に関わる効能をもつ栄養素です。幅広い食物に含まれるビタミンで日々の食事からの摂取も行えますので欠乏や不足状態に陥ることはまれですが、葉酸不足時の症状として挙げられるのが貧血や食欲不振、口内炎な

 健康補助食品        

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

食品の最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?