だるい疲労感の解消法はにんにく卵黄が断然おすすめ

だるい疲労感、疲れやすい、慢性的なだるさ、そんな症状に日々悩まされるなどこれらのだるさや疲労感を何とか解消したいと考えつつ解消しきれていない方も多くいます。

だるさや疲れやすさ、日々の疲労感や倦怠感などの主な原因として挙げられるのが日々の生活習慣の問題点で、睡眠不足や乱れた生活リズム、食生活の乱れ、栄養不足、ストレス、もちろん病気を原因としてだるさや疲労感につながることもあります。

にんにく
にんにく

さらに環境や状況、年齢などにも影響され、夏場のだるさに悩む場合や下半身やふくらはぎのみのだるさ、全身の倦怠感、肩こりや腰痛などもだるさにつながりやすい病気ですし原因とも言えるでしょう。

今回は、そんな厄介なだるさや疲れやすい体質や症状を解消する為におすすめの解消法をまとめて行きたいと思います。

目次

だるい原因と疲労回復

だるい症状には病気を原因とすることもありますが、身近に起きうるだるさの原因もまた身近に存在することがあります。

また、そんなだるさを我慢しつつ直視しないで居ることは慢性的なだるさへとつながり、疲れが取れない、だるい、全身の倦怠感などに慣れてしまい当たり前の状態、何の改善策や解消法を取らない状態に陥ることも多々あります。

また、腰痛や肩こりなども全身がだるい原因へとなりますし、体の部分的に足がだるい、下半身がだるいなどの部分的なだるさや疲れやすさを感じる場合もあります。

体がだるい時の原因とは?

一概に体がだるいと言っても一日中だるいときもあれば、寝起きにだるい場合、疲れが取れないだるさ、疲労感を感じるだるさなどさまざまな症状があります。

こうした各種だるさにはそれぞれの原因がありますが、大まかにまとめるとストレスや生活習慣、睡眠不足や睡眠の質、栄養不足や食生活の乱れ、肩こりや腰痛などが酷い体質からくるだるさなどそれぞれです。

生活リズムからくるだるい感覚と解消法

生活リズムの乱れなどもだるさにつながりやすく、仕事上交替勤務などを行っていると生活リズムの構築も難しいですし、ふとした拍子に生活リズムが乱れることも多くあります。

だるい、食欲不振、十分な睡眠がとれない、疲れが取れないなどで悩むことも多いですし、睡眠リズム自体が乱れてしまい完全な睡眠不足になることも多いので、こうした場合は生活の環境、安眠できるような寝室や生活空間も重要になって来ます。

また全身の倦怠感や寝ても疲れが取れない時、朝起きても疲労回復が行なえていないときは精神的にもすっきりしませんし自然とだるい感覚に陥りやすくもなりますので、これらにつながりやすい生活リズムの乱れに注意を払いましょう。

生活リズムの構築には規則正しい就寝と食事のリズムを整えることが有効とも言われますので、生活環境に合わせて適切な就寝と食事のリズムによる体内時計の構築につなげましょう。

食生活の乱れ、栄養不足が原因でだるい、疲れやすい場合の解消法

食生活の乱れは非常に重要な影響を持ち、栄養不足からの免疫力の低下や過剰なダイエットから来る不健康、最悪病気などにもつながりますので毎日の食事には最善の注意を払いたい所ですが、なかなか難しいこともあります。

だるい症状を解消する為や疲労回復を促す栄養素はたくさんあり、基本的にエネルギー源となる脂質、筋肉やさまざまな細胞に必要となるタンパク質、ビタミン類も抗酸化作用や糖質の代謝に関わる働きなどを持ちますし、ミネラル分も酵素の働きの補助や活性酸素の消去などさまざまです。

これらの多くの栄養素を幅広く摂取することは健康面でも当然必要となりますし、だるい、疲れやすいときの解消法としても非常に重要となります。

だるいときにできる、食べ物での解消法

私たちは日々さまざまな食べ物を摂取してエネルギーへとしていますが、だるい症状を解消するのに効果的な食べ物も多く存在します。

こうした食べ物を日々摂取することを意識しつつビタミンやミネラルなど幅広い栄養素の摂取を心がけることでもだるさの解消につながります。

また、偏った食事や脂質や糖質の多すぎるレシピなどはだるさへとつながりますので注意が必要ですので、ちょっとした食生活の変化が毎日のだるい症状の解消法へとつながります。

こうした効果を期待できる食べ物として挙げられるのが、

  • 豚肉、鶏肉
  • 梅干し、レモン(疲労回復に良いクエン酸を多く含む)
  • にんにく
  • 果物全般(グレープフルーツ、みかん、キウイ、パイナップル)
  • パプリカ(ビタミンCやEが豊富で高い抗酸化作用をもつ)
  • ミント(芳香成分によるすっきり感)

通常これらの食べ物がだるい場合の解消法に良いと言われますが、梅干しなどはクエン酸を多く含み疲労回復効果が高いことで知られますし、豚肉なども疲労回復に効果をもつ食品として多くのスポーツ選手に好まれています。

にんにくも疲労回復効果が高いことで知られていますし、果物には多くの水分と幅広いビタミンやミネラル、酵素などが含まれることが多く、体が求める栄養素を十分に含んでいることから美容や健康に重要な食べ物のひとつです。

にんにくの摂取でだるい症状を解消

にんいくはキャベツ、大根、ほうれん草、ブロッコリー、玉ねぎなど幅広い食べ物とも相性が良いですし、風味付けや味のインパクトにも際最適で、特ににんにく特有の香りは食欲増進効果などもありますので食欲不振の解消にもつながります。

黒にんにく酵素やにんにく卵黄、発酵にんにくなどの健康食品やサプリメントなども販売されており、にんにくに含まれる多くの効果は広く知られる所でもありますし、多くの方々がその効果を感じ日々の食事に上手く取り入れることで健康管理につなげています。

そんなにんにくにはアリシンやアリインなどが含まれるとされ、このアリシンがにんにくの主な効果をうみ独特の匂いをうむ成分でイオウ化合物で、疲労回復につながるビタミンB1の吸収率を高めます。

また、抗菌や殺菌、血液サラサラ、血栓防止、活性酸素の除去など幅広く効果を持つのがにんにくですので日々の食生活での摂取が望まれますが、においがきついことから敬遠されがちなのもにんにくのマイナス面です。

にんにく卵黄で匂いを気にせずにだるさを解消

にんにく卵黄は南薩摩地方や離島などの鹿児島県にみられる古くからの家庭の滋養食で、そのレシピは各家庭で若干の違いがあるものの代々母から娘へと受け継がれ継承されてきた文化的な食べ物のひとつです。

この鹿児島地方は九州の南部に位置しており暑い地方でもありますので、こうした環境下での疲労回復や健康管理、美容などに効果があることから長く受け継がれてきたとも言われますが、にんにく卵黄をさらに詳細に知りたい場合はこちら ⇒ 公式サイトを見る

食文化は長い時間と地方の環境にあわせたものが多く、日本人が日本食、和食を食べるのも日本の環境に合っており、必要な栄養素や効果がえられることや地場の食材などを活用出来ることから生まれて受け継がれてきた食文化ですので歴史の重みがあります。

そんなにんにく卵黄の効果を生み出すことにつながるにんにくに含まれる栄養素はアリシン、ビタミンB1、B6、スコルジン、ゲルマニウムなどが挙げられますが、にんにく(りん茎 生)に含まれる栄養素で摂取基準量に対して高い含有量のものがこちらです。

※ 30~49歳の女性の目安量、推奨量を元に含有量の割合を出しています。
※ ビタミン類、ミネラル類のみの含有量から比率の高い栄養素をまとめています。

1位ビタミンB6
2位モリブデン
3位葉酸
4位食物繊維
5位カリウム
6位
7位リン
8位ビタミンB1
9位パントテン酸
10位ビタミンC

にんにく卵黄の卵黄に含まれる栄養素

公式サイトを確認するとにんにく卵黄に使われている卵黄は宮崎県産霧島山麓の有精卵とあり、特筆する含有栄養素としてコリン、アセチルコリン、カルシウム、必須アミノ酸、バリン、ロイシン、リゾチーム、ビタミン、ミネラルなどが含まれているとされています。

卵はそもそもが栄養素が豊富で幅広く含有していますが、その中でも特に良質な卵を使用しており栄養面でも非常に優れているのがなこちらのにんにく卵黄です。

以下は生の卵黄に含まれる栄養素で摂取基準量に対して高い含有量のものです。

※ 30~49歳の女性の目安量、推奨量を元に含有量の割合を出しています。
※ ビタミン類、ミネラル類のみの含有量から比率の高い栄養素をまとめています。

1位セレン
2位ビオチン
3位ビタミンビタミンB12
4位パントテン酸
5位ビタミンD
6位リン
7位ビタミンA
8位葉酸
9位
10位ビタミンE

生の卵黄に含まれるアミノ酸の含有量一覧

アミノ酸はタンパク質の構成物質でもあり、摂取したタンパク質は体内で分解されさまざまなアミノ酸へと変化します。

卵黄はもとより卵白などもタンパク質が豊富なことで知られますが、卵黄には幅広い栄養素が含まれるので日々の栄養摂取に役立てるのには最適な食べ物とも言われますし、実際日々卵料理を朝食で取る方も多くいます。

こうしたアミノ酸の集合体でもある卵黄には疲労回復や筋力アップや補修、疲労回復など多くの効果が期待できますので、にんにく卵黄の摂取でもこれら豊富なアミノ酸の摂取につながります。

食品番号12010
索引番号1750
食品名卵黄
食品名
水分48.2g
タンパク質16.5g
アミノ酸構成によるタンパク質13.5g
イソロイシン790mg
ロイシン1400mg
リシン(リジン)1200mg
含硫アミノ酸 メチオニン400mg
含硫アミノ酸 シスチン300mg
含硫アミノ酸 合計700mg
芳香族アミノ酸 フェニルアラニン670mg
芳香族アミノ酸 チロシン730mg
芳香族アミノ酸 合計1400mg
トレオニン(スレオニン)800mg
トリプトファン210mg
バリン900mg
ヒスチジン410mg
アルギニン1200mg
アラニン810mg
アスパラギン酸1500mg
グルタミン酸1900mg
グリシン480mg
プロリン670mg
セリン1300mg
アミノ酸合計16000mg
アンモニア240mg
備考

文部科学省、科学技術・学術審議会資源調査分科会
文部科学省がまとめた日本食品標準成分表2015年版(七訂)アミノ酸成分を元に作成
http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365473.htm

アミノ酸が幅広く含まれるにんにく卵黄を確認するにはこちら ⇒⇒⇒⇒⇒ 公式サイトを見る

にんにく卵黄に含まれる栄養素と効果効能

にんにく卵黄には主ににんにくと卵黄を原材料としていますが、にんにくにはアリシン、ビタミンB1、B6、スコルジン、ゲルマニウム、卵黄にはコリン、アセチルコリン、カルシウム、必須アミノ酸、バリン、ロイシン、リゾチーム、ビタミン、ミネラルなどが含まれているとされています。

特ににんにくに含まれるアリシンには注目される効果がありますが、これらの栄養素の働きと効果を確認して行きましょう。

にんにくに豊富に含まれるアリシンの効果と効能

アリシンはアリインが変化することでにんにくの独特の匂いを放つ成分の硫化アリルで、ニラやタマネギ、ニンニクなどに含まれている成分です。

このアリシンには幅広い効果があり、殺菌作用や抗菌、疲労回復効果や血流改善効果などがあるとされていますが、これらアリシンを多く含む食べ物はどれも疲労回復に効果を持つことで知られているものばかりです。

また、食欲を増進する効果を持つのもアリシンのよいところで、食欲があがることは多くの栄養素を摂取することにつながりますし、健康面や美容面を考えた時も非常に重要な効果のひとつです。

日頃からだるさや疲れを感じている場合は、過剰なダイエットなどでの食事制限や必要な栄養素の摂取が行えていないことが原因となることもありますので、しっかりとした食事を行なう為にも食欲の維持はとても重要です。

アリシンはにんにく以外にも、あさつきやらっきょう、長ネギなどにも含まれますので日頃の食事でも簡単に摂取できますが、にんにく卵黄を利用することで手間なく簡単にアリシンの摂取を行えますのでとても便利です。

ビタミンB1はアリシンとの相性抜群!一緒に摂ることで効果UP

にんにくに含まれておりアリシンはビタミンB1との相性が良く、ビタミンB1を多く含む食べ物と一緒に摂取することでより高い疲労回復効果がえられます。

ビタミンB1には補酵素として糖質の代謝に関わる働きをもちますし、疲れやストレス対策にも効果的な働きをもち精神的な安定にもつながる働きがあり、干しそば、豚ヒレ肉、豚ロース、ささみ、うなぎの蒲焼、そば、オクラ、にんにく、ぶり、まぐろなどに多く含まれています。

そのため、これらの食べ物とにんにくをあわせることでより効果を高めることとなりますが、にんにく卵黄ではこれらの栄養素を含むにんにく、卵黄を材料としていますので、摂取するだけで疲労回復に非常に効果的なアリシンとビタミンB1を摂取することになりますので疲労回復効果からだるさの解消につながります。

また、ビタミンB1は糖質を水と二酸化酸素に分解する際にエネルギーが生まれますが、ここにビタミンb1が重要な役割をもっていますので、エネルギーの生産時にも重要ですし、貧血予防や滋養強壮に効果を持ちますが、ゆでる調理法はNGとされ、蒸す調理法が最適と言われますので簡単に摂取できるにんにく卵黄はこうした手間もはぶけます。

スコルジンの効果も凄い!血管を改善し血行促進効果をもつ

スコルジンもにんにくに含まれている成分で、アリシン同様にビタミンB1の吸収率を高めると言われており血管拡張効果があるといわれます。

ビタミンB1の働きやだるい症状の改善につながる効果は既に述べましたが、血管拡張による血流改善も疲労回復には非常に重要なことであり、摂取した栄養素を全身にくまなく運搬するのに非常に効果的です。

全身の細胞は栄養素を必要としていますので、これらの細胞に健全に栄養素を運ぶことは血液に重要な役割でもありますので、このスコルジンの効果で血液の働きを活性化しましょう。

また、血中コレステロールを抑制する効果があるとも言われますので、コレステロール値が高まることで起こりえる病気、動脈硬化や脳、心筋梗塞などの怖い病気の予防にもつながりますのでにんにく卵黄でこれらの病気の予防につなげましょう。

まとめ

にんにく卵黄は疲労回復効果が非常に高い栄養素が含まれているので、日頃だるい症状で悩まれているときや疲れが抜けないことで困っている場合に最適です。

摂取方法も簡単ですし、含有栄養素も幅広く日頃摂取しきれない栄養素が多いので、習慣的かつ継続的に取り続けることで、より疲れに強い体質や疲れにくい体質にもつながるでしょう。

だるいことでお悩みの人はこちらからどうぞ ↓↓↓↓↓


サイト内検索

関連キーワード検索 :  疲労感  解消法  卵黄  断然 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  オクラ  キャベツ  にんにく  ブロッコリー 
関連キー( 果物類 )  アボカド  梅干し  すだち  バナナ 
関連キー( 肉類 )  ロース  ヒレ    にわとり 

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

ネイチャーメイド イチョウ葉 (大塚製薬株式会社)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

ネイチャーメイド イチョウ葉の機能性表示

本品にはイチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンが含まれます。イチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンは、認知機能の一部である記憶(知覚・認識した物事の想起)の精度を高めることが報告されています。

 ネイチャーメイド イチョウ葉の詳細はこちら

茨城県つくば市の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位東京都157999人160906人169554人
2位茨城県160642人158142人164951人
3位神奈川県111346人79075人99989人
4位千葉県68115人78088人84176人
5位埼玉県50704人56606人56794人
筑波山 ひまわり 筑波山と朝日 ブルーベリー
■ つくば市の主な観光地
筑波山 ひまわり 筑波山と朝日 ブルーベリー
つくばりんりんロード
まつりつくば
茨城県つくば美術館 石岡のおまつり
筑波研究学園都市 筑波山

詳細はこちら   つくばや人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。 そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。 生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。 最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。 豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture 必要な栄養を驚くほど吸収しやすくなる食べ合わせ

食事をする際にこの食べ合わせ最強だな~とか、なんかこの組み合わせって落ち着くな~って思うことが結構あるんですが、大体こう感じる食べ物の組み合わせって理にかなっていて栄養なんかを摂りやすい組み合わせになっている場合が多いんです。 ごはんと味噌汁だったりパンと牛乳だった

 食生活      

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。 風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

健康補助食品の最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?