血流改善サプリメントの活用と食べ物で行える血行促進法

血行促進や血流改善サプリメントの活用での良好な血液の流れの維持や食事の際の食べ物や食材選び血流改善には重要です。また日常的な運動やストレッチ、簡単な体操も血行促進には効果的であり、体全体から目、頭、足、手など全身の血行改善を促進することが病気の予防につながります。

健康と血行は関係性が深く、ツボ、お灸、鍼、生薬や漢方薬などでも血行や血流を改善し健全な気の流れに戻すことが大切だと言われています。

近年はサプリメントも普及しさまざまな効能や効果を持ち高血圧の予防、ダイエット、飛蚊症、睡眠(セロトニン)、酵素などさまざまな成分で健康や健全な生活習慣に役立つサプリも多く販売されています。

さば

今回は症状改善に特に重要である食べ物や食材、それらに含まれる栄養素と効果効能にとさまざまなサプリメントの中でも特に知名度が高く血行促進効果や血流改善効果、アレルギーの改善など多くの効能があるDHAを中心にまとめて行きたいと思います。

目次

血行促進と食べ物!血流の改善にはある栄養素が重要

病気の男性
病気の男性

血流の悪化はさまざまな病気を産むと言われています。

肩こりや腰痛、頭痛などの比較的身近な病気や症状も血行の悪化が原因であることが多くありますし、スポーツや運動などで疲れて疲労感を感じている場合などの疲労回復も摂取栄養素を血液が全身に運ぶことで回復につながります。

さらに血液がドロドロで血流が最悪の場合には動脈硬化、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞など重度な病気に陥る可能性も高まりますし、年齢と共に代謝が落ち血行悪化の状態になり易いので改善策、対策が必要になってきます。

これらに効果的なのが先にも述べていますが、食べ物、食材に含まれる栄養素、運動やストレッチです。端的に言うと太りやすい食生活や生活習慣を見直すことが血行促進や血流改善につながりやすくなるとも言えるでしょう。

血液サラサラ効果の高い食べ物と食材!摂取するべき栄養素とは?

血液がドロドロになる原因はさまざまなです。健康全体に悪いと言われているストレスやアルコールの摂取、栄養バランスの偏りや肉食ばかりの食生活、脂質や脂っこいものの過剰摂取と心当たりのある方は多いことと思います。

これらの生活習慣は習慣的、継続的に蓄積するもので特に食生活は好みの偏りが出やすくなりますし、環境によってはろくに栄養摂取にならないものばかりを食べることも時期もあるでしょう。

血行促進や血流改善に役立つ栄養素をもつ食べ物、食材を摂取することはサプリメントなどを利用するよりも習慣的な症状改善につながりやすいですので、効果が高いといわれる食品の摂取を心がけましょう。

  • しょうが
  • 唐辛子
  • ニンニク
  • ねぎ
  • 玉ねぎ
  • みそ
  • にんじん
  • れんこん
  • さんざし
  • オクラ
  • もも
  • いわし

これら食材には血行を促進する効果のある栄養素が多く含まれていたり、血液を補う効能、体を温める効果を持つ働きを持つものです。漢方や東洋医学で言う所の陽の食材が血行促進に効果があり、血流を改善、促進して体を温め代謝の促進や免疫力の向上、疲労回復など多くの効能を挙げると言われています。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • クエン酸
  • パントテン酸
  • セレニウム
  • DHA、EPA
  • ナットウキナーゼ
  • ポリフェノール
  • 食物繊維

ビタミンCが毛細血管の血行を促進

ビタミンCは美容効果が期待される栄養素の一つですが、強い抗酸化作用と血液サラサラ効果などで疲労回復にも役立つビタミンです。

抗酸化作用、抗がん作用、抗ウイルス作用など幅広く効果を持ち、コラーゲンの合成や過酸化脂質を分解、血中コレステロールの減少に役立ち血液のサラサラ化に役立つなどさまざまな効果をもつ栄養素です。

中でも過酸化脂質の生成を抑える効果は血流改善には欠かせない働きですし、血液のドロドロかを防ぐことは血行促進の基本でもありますので、ビタミンCの摂取で血行改善を行いましょう。

ねぎ、あさつき、みょうが、大根、さつまいも、アセロラ、赤ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー、パセリ、枝豆、つるむらさき、レンコンなどに多く含まれます。

ビタミンEも抗酸化作用が強い!活性酸素を消去に血流改善

ビタミンEも抗酸化作用が強く、ビタミンA、Cと合わせて摂取するとより効果が高まる栄養素ですが、活性酸素のフリーラジカルを解消し細胞の酸化を予防します。

血行改善、血管の老化防止、抗酸化作用などの効能があり、臓器や皮膚の老化防止に役立ち、細胞の酸化、老化を防ぎますし、若返りに欠かせない栄養素として、特に女性は摂取しておきたい栄養素の一つです。

美容面でも大切ですが、血流改善を考えた時にも摂取しておきたいのがビタミンEで、活性酸素によって酸化された過酸化脂質を分解し血液をサラサラにし毛細血管の血行を良くする効果があります。

ガンの予防効果もありますし、脂溶性ビタミンのひとつですので油とあわせて摂取することで吸収率が高まりますし、玄米、枝豆、豆腐、さつまいも、にら、ピーマン、アスパラガス、しそ、春菊などに豊富に含まれています。

パントテン酸は代謝に関わり血流改善に効果的

パントテン酸は糖質、脂質の代謝に関わる働きをもつビタミンですが、この糖質、炭水化物を代謝する働きが全身の血流を改善するにつながります。

パントテン酸はパントイン酸とβ-アラニンという物質の結合体でダイエット効果なども期待できますし、ニキビ、肌荒れ対策として有効で、糖質や脂質の代謝など美容面に効果を持ちます。

善玉コレステロースを増やす働きをもつビタミンですので、悪玉コレステロールを減らすのに役立ちますし、代謝に役立つ酵素のうち100種類以上がパントテン酸なしには作られない酵素となっているほど重要なビタミンです。

パントテン酸は水溶性のビタミンですのでスープ、煮汁、味噌汁、あんかけなどでの摂取が望ましい栄養素ですし、鶏レバー、うなぎの蒲焼、アボカド、納豆、イクラ、たらこ、子持ちカレイ、レバー、鶏肉、アボカド、カリフラワー、モロヘイヤ、卵などに豊富に含まれます。

食べ物だけではない!運動やストレッチも血行促進に重要な役割が

ジョギングする女性
ジョギングする女性

血流改善や血行促進に重要なのは毎日の食べ物だけではありません。

運動をして体を動かすことは筋力の維持や代謝の促進、血液の流れを促す効果もあるので、過剰な運動やスポーツで無い程度に自分自身にあった程度の適度な運動習慣を持つことが大切です。

これは肥満の解消や予防にもつながりますし、適度な筋力を持つことは体温の上昇にもつながります。体温の上昇は免疫力の向上を促しますので、結果健康促進にもつながります。

運動不足の状態では筋力の低下、脂肪の蓄積、臓器など各部位への悪影響などいいことは何一つとしてありません。しいて挙げるとするならば『楽』と言うだけとも言えるでしょう。

仕事や家事などで適度な運動をする習慣を持つ生活習慣の場合は特に問題は無いでしょうが、事務系やオフィス系、IT系などPC作業が多い職種の場合や、運転手などの体をそれ程動かさない職種の場合は意識的に体を動かす習慣を持つことが重要です。

また、家事もかなりの重労働であり適度な運動になりますので、サボらずに計画的に炊事、洗濯、掃除、買出しなどをしっかりとこなすように心がけましょう。

それぞれの食べ物、食材の効果や効能を確認

しょうが、唐辛子、ニンニクなどはスタミナ食であり疲労回復効果が高いことは広く知られてますが、ねぎ、玉ねぎ、みそ、にんじん、れんこんにも血流改善や血行促進効果があります。

幅広い食材からこうした血流改善効果が得られる栄養素が含まれますので、栄養成分の偏りや好き嫌いなどで偏った食材ばかりの食生活や食習慣、コンビニがファーストフード中心の食事などに陥らないように気をつけましょう。

にんにくの効果は疲労回復や活性酸素の除去など豊富

にんにく
にんにく

ニンニクの効能を産む主な成分は硫化アリルの一種のアリシン、このアリシンはにんにくの匂いの成分でもありますし食欲をそそるにんにく特有の風味でもあります。

にんにくを使った料理と言えば焼肉やギョーザ、ぺペロンチーノや黒にんにく、炒め物や焼き物など幅広い料理に使われる人気の食材でもありますし、疲労回復や食欲促進効果なども期待できる食品です。

活性酸素の除去や殺菌、抗菌、解毒作用、血流改善、血行促進を促し血栓の予防や体内で老化の原因ともなる活性酸素の除去など幅広い健康効果を持つところもにんにくの魅力でしょう。

食べ過ぎによる悪影響には注意が必要ですし、にんにくの強烈な匂い、悪臭とも言える口臭には注意が必要ですが、血行促進効果の高い食材と言えるでしょう。

因みににおい対策には100%のリンゴジュースが良いと言われています。

生姜(しょうが)は臓器の活性化、代謝の促進効果が高い

しょうが
しょうが

薬味、生姜焼き、生姜湯などが定番のしょうがには体温を向上する効果やさまざまな病気を予防する働きがあると古くから重宝されてきた食材です。

漢方薬にも『しょうきょう』の名で生姜が使われている薬や生薬が多くあり、強心作用、血栓予防、殺菌、発汗、利尿、体温向上など多くの効果がある珍しい食材です。

しかしこまめに食する習慣をもつことを行っていないことが多く、勿体無い位の効能を持ちますので是非とも日々の食生活に取り入れたい食材ですし、血行促進や血流改善を志す場合は頻繁に食すべき食材と言えるでしょう。

DHA、EPAは血液サラサラ効果が高い!食品やサプリメントで摂取しよう

DHA、EPAは抜群の知名度を誇る成分であり多くの人が耳にしたことはあるであろうと思います。

このDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸 )は青魚に多く含まれる成分でω-3脂肪酸の一種であり、血液サラサラ効果が高く多くのサプリメントで配合されている。

DHA、EPAを多く含む食品

  • 魚油食品
  • 肝油
  • ニシン
  • サバ
  • サケ
  • イワシ
  • うなぎの蒲焼
  • ハマチ
  • ぶり

DHAの効能はコレステロール、中性脂肪の低下、動脈硬化の予防などが挙げられコレステロールの排泄や除去が進み、結果中性脂肪の低下や動脈硬化の予防につながります。

また、子供の学習能力の向上や、記憶力アップなど頭が良くなる効果があることでも知られており、乳幼児の脳の発育、神経の発達、アルツハイマーなどにも効果があると言われています。

EPAはDHAと同様な効果と高血圧を下げる働きやアレルギー、血流改善、血行促進効果があります。DHA、EPAの両者は一緒に配合されることの多い成分ですので、これらの効果が血流の改善からさまざまな効能につながっていると言えるでしょう。

玉ねぎの栄養素と一日一個の健康法

玉ねぎは非常に身近な食品のひとつで安価に購入できることと幅広い料理のレシピに対応できることからも重宝される食べ物の一つです。

そんな便利な玉ねぎですが、一日一個の玉ねぎは医者を遠ざけると言われるほどの栄養素と効果をもち、涙を出させるファイトケミカル成分や硫化アリルと呼ばれる成分の働きが特徴的です。

玉ねぎの効果として挙げられるのが、血液をサラサラにする効果や血栓の予防につながる働きがあるとされ、血行改善や血行促進には非常に効果的な食べ物の一つです。

血流の悪化は冷え性や疲労回復、老廃物の除去、肥満、代謝、むくみなどさまざまな症状につながることもありますし、動脈硬化や脳梗塞など重度の病気に陥ることも考えられる危険な状態ですので、これら玉ねぎの摂取で血液をサラサラにする習慣を持ちましょう。

血液サラサラ効果は生食の方が高いとも言われますが、水溶性の栄養素が多いので煮汁なども摂取することで玉ねぎの栄養素を無駄なく摂取することができます。

人参の栄養素と効果的な食べ方とは?

人参の栄養素で特に注目なのがカロテノイドのひとつのβ-カロテンですが、このβ-カロテンは必要に応じてビタミンAに変換される働きや強い抗酸化作用を持ちます。

抗酸化作用はさまざまな器官や臓器、細胞などに悪影響を及ぼす活性酸素を除去する働きがあり、若返りや美肌などにつながる効果がありますし、動脈硬化やがんの予防に効果的な働きを持ちます。

活性酸素によって過酸化物質化した脂質は酸化LDLなどをともなって動脈硬化へとつながる悪影響がありますので、人参に含まれるカロテノイドのβ-カロテンを活用し予防につなげましょう。

ハイビスカスのハーブティーで新陳代謝の促進

新陳代謝を高めることは体内にたまった老廃物の除去や排泄に大きな効果を持ちますが、そうした代謝を高め血流改善に効果をもつ飲み物にハーブティーがあり中でもハイビスカスのハーブティーがおすすめです。

ハイビスカスにはリンゴ酸やクエン酸が含まれていますし、ミネラル分も豊富でエネルギーの代謝や新陳代謝を高める効果がありますし、手頃で簡単に飲むことができますので、日頃のリラックスタイムにハイビスカスのハーブティーを活用するといいでしょう。

新代謝の向上は筋肉痛や片こりなどの症状の改善にも効果的ですので、血流改善効果でこれらの症状改善につなげましょう。

ブラックペッパーで体の内部の活性化を

ブラックペッパーは定番のスパイスで胡椒の実を乾燥させたもので、同じく胡椒から作られるホワイトペッパーよりも刺激の強い風味が特徴なのがブラックペッパーです。

このブラックぺッパーには古くから体に良いことで活用されてきた歴史があり、胃腸の働きの活性化や体を温める効果によって女性の悩みである冷え性の症状改善などにも効果的な働きを持ちます。

料理の風味づけにつかわれることが多いですが、積極的に利用し体の内側から活性化させて血流改善につなげましょう。

まとめ

血液がドロドロになることによる健康への弊害は多く、動脈硬化や脳梗塞など恐ろしい病気につながってしまう場合がありますので、常日頃からのメンテナンスが大切です。

日頃の食生活の中に血行促進、血流改善効果の高い食べ物や食材の利用、運動不足に陥らない生活習慣、肥満にならないように日頃から気をつけることが重要です。

まずは食事内容を改善し、別途サプリメントなどを利用して血液をサラサラ状態にできるように生活習慣を変更しましょう。

 子供の身長を伸ばす為に食生活の改善を提案


サイト内検索

関連キーワード検索 :  血流改善  サプリメント  活用  血行促進法 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  アスパラガス  オクラ  キャベツ  春菊  なす  にんじん  にんにく  パセリ  ブロッコリー 
関連キー( 果物類 )  アセロラ  アボカド  梅干し  グレープフルーツ  すいか  スイカ  すだち  パイナップル  バナナ 
関連キー( 肉類 )    ロース  ヒレ  ハム  ソーセージ  とり    もも肉  にわとり 

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

WESTON330 グラボノイド (株式会社リマックスジャパン)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

WESTON330 グラボノイドの機能性表示

本品は3%グラブリジン含有甘草抽出物を含みます。3%グラブリジン含有甘草抽出物は、お腹の脂肪(内臓脂肪)・体脂肪を減らす働きがあり、高めのBMIの改善に役立つことが報告されています。体脂肪が気になる方、肥満気味の方に適しています。

 WESTON330 グラボノイドの詳細はこちら

兵庫県姫路市の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位東京都77471人92405人159110人
2位大阪府122615人119535人103376人
3位神奈川県44557人54501人95526人
4位兵庫県132312人86266人82326人
5位埼玉県23964人29817人62737人
竹田城の雲海 民家 紅葉 姫路城
■ 姫路市の主な観光地
竹田城の雲海 民家 紅葉 姫路城
はやしだ交流センターゆたりん
塩田温泉
家島諸島 銀の馬車道
山之内養鶏場直売所 鹿ヶ壺

詳細はこちら   姫路や人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。 そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。 生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。 最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。 豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture 必要な栄養を驚くほど吸収しやすくなる食べ合わせ

食事をする際にこの食べ合わせ最強だな~とか、なんかこの組み合わせって落ち着くな~って思うことが結構あるんですが、大体こう感じる食べ物の組み合わせって理にかなっていて栄養なんかを摂りやすい組み合わせになっている場合が多いんです。 ごはんと味噌汁だったりパンと牛乳だった

 食生活      

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。 風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

健康補助食品の最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?