うどん(ゆで)の効能効果と栄養素の一覧

うどんやそばは定番の麺料理として親しまれていますが、うどん(ゆで)にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?うどん(ゆで)に含まれる栄養素の一覧とそれぞれの含有量や栄養素の効果や効能を確認し、日々の健康管理や栄養バランスに役立てましょう。

うどん(ゆで)にはナトリウム、食塩相当量、クロム、モリブデン、セレン、銅、食物繊維、マンガン、パントテン酸、ナイアシンなどの栄養素の含有量が摂取基準量に対して高い割合で含まれます。

うどん
うどん

ナトリウムの摂取は精製塩以外の塩、自然塩などの摂取も検討することで健康につながるといわれるミネラルですし、健康のために減塩減塩と叫ばれますので、出汁やお酢などを活用しお酢にふくまれるクエン酸は糖質のエネルギー変換に必要ですし減塩に効果的とも言われます。

また、クロムは糖尿病や生活習慣病を予防につながりますし、血中の脂質濃度を正常に保つ働き、インスリンの作用増強、糖質の代謝など幅広く関わる効能も持ちますし、モリブデン不足では貧血などの症状を引き起こすことがあるので注意が必要で米、そばなどの穀類や、大豆、えんどう豆などの大豆類や豆腐、納豆などの大豆製品、レバーや乳製品などに多く含まれるミネラルです。

セレンは抗酸化作用をもつ酵素の構成物質で、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用に間接的にかかわりま美容効果も期待されるミネラルで、地域の土壌にセレンが含まれるかで食品含有量が変化するミネラルであるなど、これらの働きをもつ栄養素を含むうどん(ゆで)の効果や効能、栄養素の含有量と効果効能を確認して行きましょう。

うどん(ゆで)の栄養素の含有量の一覧

うどん(ゆで)にはナトリウム、食塩相当量、クロム、モリブデン、セレン、銅、食物繊維、マンガン、パントテン酸、ナイアシンが含まれますが、ナトリウムは筋肉、神経の働きを正常に保つ重要な働きがありますし、塩の摂取適量は体からの求めを基本と考えることがよいという意見もありますので過剰な減塩などには注意が必要です。

クロムはインスリンの分泌にかかわり、インスリンが食欲を抑制する作用を持つセロトニンの合成を促進するのでクロムは関節的にここにかかわりますし、糖代謝以外にもコレステロールの代謝やタンパク質の代謝などさまざまな代謝に関わる働きを持ちます。

モリブデンは体内に約9mgほど存在し、肝臓、腎臓、副腎に多いミネラルで微量ミネラルのひとつで、鉄の利用を高め貧血の予防につながる働きやプリン体の分解にもかかわりますし、セレンは血液サラサラ効果があり血行促進に効果を持ち、たんぱく質に結合しており幅広い食材に含まれるミネラルでアンキモやレンズ豆などに多く含まれます。

こうした働きをもつそれぞれの栄養素の含有量を確認しておきましょう。

食品番号01039
ジャンルうどん
食品名ゆで
廃棄率0 %
エネルギー
kcal105 kcal
kJ439 kJ
水分75.0 g
たんぱく質2.6 g
アミノ酸組成によるたんぱく質0 g
脂質0.4 g
トリアシルグリセロール当量0.3 g
炭水化物21.6 g
灰分0.4 g
無機質
ナトリウム120 mg
カリウム9 mg
カルシウム6 mg
マグネシウム6 mg
リン18 mg
0.2 mg
亜鉛0.1 mg
0.04 mg
マンガン0.12 mg
ヨウ素0 μg
セレン2 μg
クロム1 μg
モリブデン2 μg
ビタミン
A レチノール0 μg
A α-カロテン0 μg
A β-カロテン0 μg
A β-クリプトキサンチン0 μg
A β-カロテン当量0 μg
A レチノール当量0 μg
D0 μg
E α-トコフェノール0.1 mg
E β-トコフェノール0.1 mg
E γ-トコフェノール0 mg
E δ-トコフェノール0 mg
K0 μg
B10.02 mg
B20.01 mg
ナイアシン0.2 mg
B60.01 mg
B120 μg
葉酸2 μg
パントテン酸0.13 mg
ビオチン0.3 μg
C0 mg
脂肪酸
飽和脂肪酸0.09 g
一価不飽和脂肪酸0.04 g
多価不飽和脂肪酸0.20 g
コレステロール0 mg
食物繊維
水溶性0.2 g
不溶性0.6 g
総量0.8 g
食塩相当量0.3 g
 食品標準成分表  栄養素別、食品含有量
 アミノ酸含有量  食事摂取基準量 
文部科学省、科学技術・学術審議会資源調査分科会
日本食品標準成分表2010のデータより抜粋
出典URL : http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/houkoku/1298713.htm

うどん(ゆで)の栄養素で摂取基準量に対して高い含有量のもの

※ 30~49歳の女性の目安量、推奨量を元に含有量の割合を出しています。
※ ビタミン類、ミネラル類のみの含有量から比率の高い栄養素をまとめています。

1位ナトリウム
2位食塩相当量
3位クロム
4位モリブデン
5位セレン
6位
7位食物繊維
8位マンガン
9位パントテン酸
10位ナイアシン

ナトリウムは生命維持に欠かせない重要なミネラル

ナトリウムは筋肉や神経の働きを正常に保つ働きがあるミネラルで非常に重要ですが、過剰に摂取しすぎることに注意が必要と言われることが多いミネラルでもあります。

過剰摂取対策には精製塩以外の塩も検討するとよいとされ、自然塩などのミネラル分を多く含む食塩、天然塩などがいいですし、料理の味付けに出汁を活用したり御酢などの調味料を活用することでも減塩につなげることが可能です。

ナトリウムは体内の細胞の間にある細胞間液や血管内の血しょうにふくまれるミネラルで、取り過ぎなどでは筋肉を硬直させ、血管の柔軟性も奪うことがあるとも言われますので注意が必要で、主に小腸上部から吸収されナトリウム不足はあまりないとされています。

一日の摂取量は10g以下に抑えるのが良いとされますし、ナトリウムを取りすぎたことによる過剰症はミネラルバランスの乱れ、むくみ、細胞外液や血液の量の増加、高血圧症、胃がんの促進因子とも言われます。

ラーメンのスープ、そばつゆ、即席めん、カップめん、そうめん、食塩、固形ブイヨン、みそ、梅干し、塩ザケなど塩分濃度の高い食品の食べ過ぎには注意しましょう。

クロムはコレステロールやタンパク質の代謝に関わるミネラル

クロムは糖尿病や生活習慣病を予防につながる効能をもつミネラルで、血中の脂質濃度を正常に保つ働きもあり、糖代謝を促す働きがあり、糖尿病や生活習慣病を予防する効果をもつミネラルです。

インスリンの作用を増強する働きやインスリンの分泌にかかわりますが、インスリンは食欲を抑制する作用を持つセロトニンの合成を促進するので間接的にクロムはここにかかわりますし、糖代謝以外にもコレステロールの代謝やタンパク質の代謝など全身のさまざまな代謝に関わる働きを持ちます。

ビタミンCとの摂取で吸収率が高まる栄養素で、取りすぎたことによる過剰症はほぼなしとされていますが、クロムはシュウ酸やフィチン酸ととると吸収が阻害されるので注意が必要です。

糖質代謝、脂質代謝などの代謝機能に関わり、発育、免疫力の向上にも役立ち糖尿病や生活習慣病を予防する効果をもつミネラルですので適切な摂取を心がけましょう。

モリブデン米、そばなどの穀類に多く含まれるミネラル

モリブデンは不足すると貧血などの症状を引き起こすことがあるので注意が必要ですが、一般的に食す機会の多い米やそばなどの穀類や大豆、えんどう豆などの大豆類や豆腐、納豆などの大豆製品、レバーや乳製品などに多く含まれるミネラルですので、通常不足することはあまりないミネラルだとも言えます。

モリブデンは体内に約9mgほど存在し、肝臓、腎臓、副腎に多い微量ミネラルのひとつで、鉄の利用を高め貧血の予防につながる働きやプリン体の分解にもかかわります。

不足による欠乏症の症状はほぼないものの、病気などで不足した場合は多呼吸、意識障害、頭痛、夜盲症、貧血などの症状がでるとも言われますので注意が必要ですが、吸収率がとても高い栄養素で尿中によって排出され体内濃度は一定に保たれています。

貧血の予防につながる造血作用などをもつミネラルで、幅広い代謝の過程に必要な酵素に関わり、補酵素の成分のひとつとしてさまざまな代謝にかかわりますので、適切な摂取を心がけましょう。

うどん(ゆで)には他の栄養素も豊富に含まれる

うどん(ゆで)にはこれらの栄養素以外にもセレン、銅、食物繊維、マンガン、パントテン酸、ナイアシンなどの栄養素が幅広く含まれますので、日頃の栄養バランスに役立てましょう。


サイト内検索

関連キーワード検索 :  効能効果  栄養素  一覧 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  キャベツ  にんじん  トマト 
関連キー( 果物類 )  りんご  みかん  アボカド 
関連キー( 肉類 )       

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

大豆イソフラボン子大豆もやし (株式会社サラダコスモ)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

大豆イソフラボン子大豆もやしの機能性表示

本品には大豆イソフラボンが含まれます。大豆イソフラボンは骨の成分を維持する働きによって、骨の健康に役立つことが報告されています。

 大豆イソフラボン子大豆もやしの詳細はこちら

兵庫県姫路市の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位東京都77471人92405人159110人
2位大阪府122615人119535人103376人
3位神奈川県44557人54501人95526人
4位兵庫県132312人86266人82326人
5位埼玉県23964人29817人62737人
竹田城の雲海 民家 紅葉 姫路城
■ 姫路市の主な観光地
竹田城の雲海 民家 紅葉 姫路城
はやしだ交流センターゆたりん
塩田温泉
家島諸島 銀の馬車道
山之内養鶏場直売所 鹿ヶ壺

詳細はこちら   姫路や人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。 そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。 生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。 最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。 豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture 必要な栄養を驚くほど吸収しやすくなる食べ合わせ

食事をする際にこの食べ合わせ最強だな~とか、なんかこの組み合わせって落ち着くな~って思うことが結構あるんですが、大体こう感じる食べ物の組み合わせって理にかなっていて栄養なんかを摂りやすい組み合わせになっている場合が多いんです。 ごはんと味噌汁だったりパンと牛乳だった

 食生活      

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。 風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

栄養の最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?