アボカド(生)の栄養素一覧と効果効能

アボカドは栄養素を豊富に含む食べ物で、サラダやパスタ、ディップなど幅広いレシピに使われる便利な食材ですし、とても美味しい食品です。

その味わいから脂質が多いイメージがありますが植物性の脂肪で不飽和脂肪酸を多く含むので、コレステロールや肥満などをそれ程気にしなくても良い脂肪酸ですし、ビタミンEやカリウムなど他の栄養素も豊富に含みます。

これらの脂肪酸は全身の細胞膜に必須とも言える役割を果しますし、リノール酸やオレイン酸など健康効果の高い脂肪酸ですので日々摂取しておきたい栄養素のひとつです。

そんな、アボカド(生)に含まれている栄養素の一覧とそれぞれの含有量や栄養素の効果や効能を確認し、日々の健康管理や栄養バランスに役立てましょう。

アボカド
アボカド

アボカド(生)にはビタミンE、パントテン酸、カリウム、葉酸、銅、食物繊維、ビタミンB6、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンCなどの栄養素の含有量が摂取基準量に対して高い割合で含まれます。

ビタミンEは強い抗酸化作用をもつビタミンで体内の活性酸素を除去する役割をもつ、美容や健康に欠かせないビタミンで、アボカド以外にも春菊などにも含まれ同じく抗酸化作用をもつビタミンCやカロテン、鉄などが豊富に含まれます。

また、ナイアシンとビタミンEの組み合わせでは全身の血流が良くなる効果があると言われますので、こうした組み合わせも上手にレシピに取り入れることでより効率よく効果を高めることにつながります。

次に多い比率で含まれる、パントテン酸は取りすぎたことによる過剰症はあまり無いとされ、脂肪酸と結合しアセチルCoA、アシルCoAを作り出しますが、このアセチルCoAが幅広く糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関わります。

アボカドには豊富な脂肪酸が含まれますので、このパントテン酸の効果との相乗効果も期待されるなど、ダイエットにつながるなど、これらの働きをもつ栄養素を含むアボカド(生)の効果や効能、栄養素の含有量と効果効能を確認して行きましょう。

アボカド(生)の栄養素の含有量の一覧

アボカド(生)にはビタミンE、パントテン酸、カリウム、葉酸、銅、食物繊維、ビタミンB6、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンCが含まれますが、ビタミンEは活性酸素によって酸化された過酸化脂質を分解し、血液をサラサラにして毛細血管の血行を良くする効果があります。

抗酸化作用をもつビタミンA、C、Eは合わせて取ることで、より強い抗酸化作用を発揮しますし、代謝に役立つ酵素のうち、実に100種類以上がパントテン酸なしには作られないものとなっていますので、豊富なパントテン酸を含むアボカドは代謝を向上させる効果の高い果実になります。

また、アボカドはカリウムも豊富に含み浸透圧を保つ働きや高血圧の予防、むくみの解消などの効果を持ちますが、カリウムはアボカド以外にも幅広い食べ物に含まれ、里芋、じゃがいも、ほうれん草、たけのこ、バナナ、納豆、グレープフルーツ、春菊、にら、ブロッコリー、絹ごし豆腐などに多く含まれています。

こうした働きをもつそれぞれの栄養素の含有量を確認しておきましょう。

食品番号07006
ジャンルアボカド
食品名
廃棄率30 %
エネルギー
kcal187 kcal
kJ782 kJ
水分71.3 g
たんぱく質2.5 g
アミノ酸組成によるたんぱく質1.8 g
脂質18.7 g
トリアシルグリセロール当量16.9 g
炭水化物6.2 g
灰分1.3 g
無機質
ナトリウム7 mg
カリウム720 mg
カルシウム9 mg
マグネシウム33 mg
リン55 mg
0.7 mg
亜鉛0.7 mg
0.24 mg
マンガン0.18 mg
ヨウ素0 μg
セレン1 μg
クロム0 μg
モリブデン2 μg
ビタミン
A レチノール0 μg
A α-カロテン15 μg
A β-カロテン53 μg
A β-クリプトキサンチン29 μg
A β-カロテン当量75 μg
A レチノール当量6 μg
D0 μg
E α-トコフェノール3.3 mg
E β-トコフェノール0.1 mg
E γ-トコフェノール0.2 mg
E δ-トコフェノール0 mg
K0 μg
B10.10 mg
B20.21 mg
ナイアシン2.0 mg
B60.32 mg
B120 μg
葉酸84 μg
パントテン酸1.65 mg
ビオチン5.3 μg
C15 mg
脂肪酸
飽和脂肪酸3.21 g
一価不飽和脂肪酸10.82 g
多価不飽和脂肪酸2.16 g
コレステロール0 mg
食物繊維
水溶性1.7 g
不溶性3.6 g
総量5.3 g
食塩相当量0 g
 食品標準成分表  栄養素別、食品含有量
 アミノ酸含有量  食事摂取基準量 
文部科学省、科学技術・学術審議会資源調査分科会
日本食品標準成分表2010のデータより抜粋
出典URL : http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/houkoku/1298713.htm

アボカド(生)の栄養素で摂取基準量に対して高い含有量のもの

※ 30~49歳の女性の目安量、推奨量を元に含有量の割合を出しています。
※ ビタミン類、ミネラル類のみの含有量から比率の高い栄養素をまとめています。

1位ビタミンE
2位パントテン酸
3位カリウム
4位葉酸
5位
6位食物繊維
7位ビタミンB6
8位ビタミンB2
9位ナイアシン
10位ビタミンC

ビタミンEは過酸化脂質を分解!美容や美肌に必須

活性酸素は全身の臓器や皮膚などの細胞を酸化させることで老化につながったりシミやシワなどの原因ともなりますが、ビタミンEはこの活性酸素のフリーラジカル状態を解消し細胞の酸化を予防する効果をもちます。

さらに、ビタミンEは血行改善、血管の老化防止などの効能があり、動脈硬化の予防に役立ち、血液をドロドロにする過酸化脂質の解消に効果を持ち、ナイアシンとあわせて摂取することでより効果が高まるなどの特徴もあります。

ビタミンE不足では筋萎縮、不妊などの症状がでるとも言われますので注意が必要ですが、玄米、枝豆、豆腐、さつまいも、にら、ピーマン、アスパラガス、しそ、春菊など幅広い食べ物に含まれますので摂取方法も豊富に存在する栄養素です。

ガン予防などにもつながる働きもありますの、アボカドをはじめこれらの食品を日々の食生活に取り入れましょう。

パントテン酸は代謝の向上に役立つ酵素に必須

パントテン酸はニキビ、肌荒れ対策として有効で、糖質や脂質の代謝など美容面に効果を持ちますが、この代謝に関わる酵素のうち、実に100種類以上がパントテン酸なしには作られないものとなっています。

それ程重要な役割をもつパントテン酸がアボカドには豊富ですが、鶏レバー、うなぎの蒲焼、アボカド、納豆、イクラ、たらこ、子持ちカレイ、レバー、鶏肉、アボカド、カリフラワー、モロヘイヤ、卵などさまざまな食品にも多く含まれますので簡単に摂取することができます。

パントテン酸は取りすぎたことによる過剰症はあまり無いとされていますが、不足すると免疫力の低下により風邪などの病気にかかりやすくなるとも言われますし、補酵素のコエンザイムA(CoA)の材料ともなるビタミンで、ストレスに対する抵抗力を向上させる働きを持ちます。

このアセチルCoAが幅広く糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関わる効果を持ちますし、善玉コレステロースを増やす働きをもちますので美容や健康面でアボカドが良いといわれる一因にパントテン酸の摂取が挙げられます。

カリウムには利尿作用やむくみの予防に役立つ働きが

カリウムは里芋、じゃがいも、ほうれん草、たけのこ、バナナ、納豆、グレープフルーツ、春菊、にら、ブロッコリー、絹ごし豆腐などの食べ物に多く含まれますが、アボカドにも多く含まれています。

カリウムには取りすぎがちな塩分を体外に排出する効果がありますし、高血圧の予防やむくみの解消などに役立つ働きがありますので、日々適切に摂取したいミネラルでもあります。

血液をサラサラにする効果もあり疲労回復につながりますし、浸透圧を保つ働き、筋肉でのエネルギー作りに役立ちますが、利尿作用があり体を冷やす性質がありますので冷えにつながる症状には注意が必要です。

また、カリウムは摂取バランスが崩れると血管の緊張、血圧の上昇につながりますし、取りすぎたことによる過剰症は、腎機能低下により高カリウム血症、疲労感、不整脈などの症状がでるとも言われますので気をつけましょう。

アボカド(生)には他の栄養素も豊富に含まれる

アボカド(生)にはこれらの栄養素以外にも葉酸、銅、食物繊維、ビタミンB6、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンCなどの栄養素が幅広く含まれますので、日頃の栄養バランスに役立てましょう。


サイト内検索

関連キーワード検索 :  アボカド  栄養素一覧  効果効能 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  アスパラガス  春菊  ブロッコリー 
関連キー( 果物類 )  アセロラ  グレープフルーツ  バナナ 
関連キー( 肉類 )    ハム  にわとり 

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

食事の青汁 (株式会社銀座・トマト)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

食事の青汁の機能性表示

本品には、難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれます。難消化性デキストリン(食物繊維)には、食事に含まれる脂肪と糖に働き、食後に上がる中性脂肪と血糖値を抑える作用が報告されています。脂肪や糖の多い食事を摂りがちな方、食後に上がる中性脂肪や血糖値が気になる方に適した食品です。

 食事の青汁の詳細はこちら

栃木県那須塩原市の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位東京都198585人179831人187121人
2位埼玉県180376人148373人164432人
3位千葉県128603人97695人120223人
4位茨城県108442人89178人101339人
5位神奈川県87026人79165人85623人
ロープウェイ 那須山 茶臼岳 塩原温泉郷
■ 那須塩原市の主な観光地
ロープウェイ 那須山 茶臼岳 塩原温泉郷
塩原温泉 塩原平家獅子舞
巻狩鍋 関谷の城鍬舞
逆スギ 旧塩原御用邸新御座所

詳細はこちら   那須塩原や人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。 そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。 生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。 最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。 豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture 必要な栄養を驚くほど吸収しやすくなる食べ合わせ

食事をする際にこの食べ合わせ最強だな~とか、なんかこの組み合わせって落ち着くな~って思うことが結構あるんですが、大体こう感じる食べ物の組み合わせって理にかなっていて栄養なんかを摂りやすい組み合わせになっている場合が多いんです。 ごはんと味噌汁だったりパンと牛乳だった

 食生活      

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。 風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

栄養の最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?