あけび(果肉、生)の栄養素一覧と効果効能

あけびは木通、通草とも漢字表記される果実で、幅広い栄養素を含み生薬としても使われることもありますが、あけび(果肉、生)の栄養素一覧とそれぞれの含有量や栄養素の効果や効能を確認し、日々の健康管理や栄養バランスに役立てましょう。

あけび(果肉、生)にはビタミンC、葉酸、銅、ビタミンB6、パントテン酸、ビタミンB1、食物繊維、マグネシウム、カリウム、マンガンなどの栄養素の含有量が摂取基準量に対して高い割合で含まれます。

あけび
あけび

ビタミンCは果物には多く含まれますが、あけびにも摂取基準量に対し高い割合で含まれ、抗酸化作用や血液サラサラ効果が高く老化防止や美容に高い効果を持つことで知られているビタミンで、かぼちゃなどにはビタミンC、A、Eの抗酸化作用が高い栄養素が3種類とも含まれます。

また、次に高い比率の葉酸は妊娠1か月から3か月までの間の赤ちゃんの基礎的な体作りには重要な時期に必要となるビタミンですし、ビタミンB12と葉酸には造血作用がありますので胎児の発育のみならず妊娠時の貧血予防などにも効果的ですし、銅は小腸で吸収されて肝臓に蓄積されるミネラルで赤血球の成長や体内の酵素の働きに関わり、骨の形成を助けるミネラルです。

ビタミンB6はビタミンCやビタミンEなどと共に髪を美しく保ち、美肌効果をもつ栄養素ですので、あけびにはビタミンCも多いのでこういった面でも効果が期待されるなど、これらの働きをもつ栄養素を含むあけび(果肉、生)の効果や効能、栄養素の含有量と効果効能を確認して行きましょう。

あけび(果肉、生)の栄養素の含有量の一覧

あけび(果肉、生)にはビタミンC、葉酸、銅、ビタミンB6、パントテン酸、ビタミンB1、食物繊維、マグネシウム、カリウム、マンガンが含まれますが、ビタミンCは抗酸化作用、抗がん作用、抗ウイルス作用など幅広く効果を持ちますが、ルチンを摂取することでビタミンCの働きをサポートするのであわせてルチンを摂取すると効果が高まります、

銅は骨髄でヘモグロビンを作る際に欠かせないミネラルで、乳児の成長に重要な栄養素ですし、骨、血管の成長を助け肝臓に貯蔵されますし、あけびに含まれるビタミンB6は日常的に食す機会の多い米にも含まれているので、通常米を日常的に摂取する習慣をもつ日本人は日常的に摂取しています。

パントテン酸はビタミンB5というビタミンB群の1つでパントイン酸とβ-アラニンという物質の結合体で、ダイエット効果などが期待できるなど、こうした働きをもつそれぞれの栄養素の含有量を確認しておきましょう。

食品番号07001
ジャンルあけび
食品名果肉、生
廃棄率0 %
エネルギー
kcal82 kcal
kJ343 kJ
水分77.1 g
たんぱく質0.5 g
アミノ酸組成によるたんぱく質0 g
脂質0.1 g
トリアシルグリセロール当量0 g
炭水化物22.0 g
灰分0.3 g
無機質
ナトリウム0 mg
カリウム95 mg
カルシウム11 mg
マグネシウム14 mg
リン22 mg
0.3 mg
亜鉛0.1 mg
0.09 mg
マンガン0.15 mg
ヨウ素0 μg
セレン0 μg
クロム0 μg
モリブデン0 μg
ビタミン
A レチノール0 μg
A α-カロテン0 μg
A β-カロテン0 μg
A β-クリプトキサンチン0 μg
A β-カロテン当量0 μg
A レチノール当量0 μg
D0 μg
E α-トコフェノール0.2 mg
E β-トコフェノール0 mg
E γ-トコフェノール0 mg
E δ-トコフェノール0 mg
K0 μg
B10.07 mg
B20.03 mg
ナイアシン0.3 mg
B60.08 mg
B120 μg
葉酸30 μg
パントテン酸0.29 mg
ビオチン0 μg
C65 mg
脂肪酸
飽和脂肪酸0 g
一価不飽和脂肪酸0 g
多価不飽和脂肪酸0 g
コレステロール0 mg
食物繊維
水溶性0.6 g
不溶性0.5 g
総量1.1 g
食塩相当量0 g
 食品標準成分表  栄養素別、食品含有量
 アミノ酸含有量  食事摂取基準量 
文部科学省、科学技術・学術審議会資源調査分科会
日本食品標準成分表2010のデータより抜粋
出典URL : http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/houkoku/1298713.htm

あけび(果肉、生)の栄養素で摂取基準量に対して高い含有量のもの

※ 30~49歳の女性の目安量、推奨量を元に含有量の割合を出しています。
※ ビタミン類、ミネラル類のみの含有量から比率の高い栄養素をまとめています。

1位ビタミンC
2位葉酸
3位
4位ビタミンB6
5位パントテン酸
6位ビタミンB1
7位食物繊維
8位マグネシウム
9位カリウム
10位マンガン

ビタミンCは美容や健康に欠かせないビタミン

ビタミンCは抗酸化作用、抗がん作用、抗ウイルス作用など幅広く効果を持ちますが、これは体内で発生する活性酸素を抑制する抗酸化作用が高いことから来る面が多く、同じく抗酸化作用をもつ栄養素にはビタミンA、Eなどが挙げられます。

あけびをはじめ多くの果物にはこうしたビタミン類やミネラル類などが豊富に含まれますが、かぼちゃにはビタミンC、A、Eの抗酸化作用が高い栄養素が3種類とも含まれますので、こうした食品を摂取するのも良いでしょう。

また、ビタミンCは血液サラサラ効果が高く、老化防止にも効果を持ちますし、決行が良くなることで疲労回復効果や血中コレステロールの減少、過酸化脂質を分解などにつながりますので多くの病気の予防にもつながります。

ビタミンCはねぎ、あさつき、みょうが、大根、さつまいも、アセロラ、赤ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー、パセリ、枝豆、つるむらさき、レンコンなど幅広く含まれるビタミンですので、あけびをはじめさまざまな果物や野菜などを幅広く摂取しましょう。

葉酸は妊娠時期に必要量が高まるビタミン

葉酸には造血作用があり遺伝子の情報を持つDNA(核酸)の合成を助長する働きから妊娠時期には特に重要なビタミンで必要量が高まる栄養素です。

この妊娠時期に葉酸をしっかりと取ることで胎児の発育に大きく影響が現われますし、特に妊娠1か月から3か月までの間の赤ちゃんの基礎的な体作りには重要な時期には葉酸の摂取が必須とも言えますので適切に取ることが求められます。

葉酸は補酵素としてアミノ酸の核酸の代謝に関わり、胎児の神経管閉鎖障害など受胎後約28日で現われる神経管の形成異常のリスクを軽減できるなど、妊娠前の妊活時期にも重要となりますし、ビタミンC、鉄分、カルシウムなどとあわせた栄養補給が必要です。

鶏レバー、モロヘイヤ、菜の花、ブロッコリー、枝豆、ほうれん草などに多く含まれますが、他の食品にも多く含まれるので、体からの求めに応じ必要量を意識した摂取を行いましょう。

銅は鉄分の補助から貧血対策などに有効

銅は牛、豚、鶏レバー、イイダコ、シャコ、牡蠣、かに、海老、いか、アーモンドなどの食べ物に多く含まれますが、あけびにも摂取基準量に対して高い比率で含まれています。

銅は赤血球の成長や体内の酵素の働きに関わり、骨の形成を助けるミネラルで、同じくミネラルの鉄分の働きを補助する役割を持ちますし、セルロプラスミンと呼ばれるたんぱく質の構成成分で貧血対策に効果的な働きを持ちます。

骨髄でヘモグロビンを作る際に欠かせないミネラルで乳児の成長に重要な栄養素ですし、骨の成長にもかかわりますので、特に子供の成長期にはしっかりと取っておきたい栄養素ですし、貧血予防、免疫力向上、動脈硬化の予防、成長促進、髪や肌の健康を保つ効果をもつミネラルです。

くだもの類には豊富な水分とあわせてこうした栄養素を幅広く含むので、あけびの摂取もこれらの効果につながります。

あけび(果肉、生)には他の栄養素も豊富に含まれる

あけび(果肉、生)にはこれらの栄養素以外にもビタミンB6、パントテン酸、ビタミンB1、食物繊維、マグネシウム、カリウム、マンガンなどの栄養素が幅広く含まれますので、日頃の栄養バランスに役立てましょう。


サイト内検索

関連キーワード検索 :  果肉  栄養素一覧  効果効能 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  かぼちゃ  キャベツ  パセリ  ブロッコリー 
関連キー( 果物類 )  あんず  梅干し  パイナップル  バナナ 
関連キー( 肉類 )  サーロイン  ヒレ  もも肉  にわとり 

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

チアフル酵母 (株式会社インマイライフ)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

チアフル酵母の機能性表示

本品にはS-アデノシルメチオニンが含まれるので、歩いている時、階段を上り下りする時、膝の曲げ伸ばしをする時の膝関節の違和感を緩和する機能があります。

 チアフル酵母の詳細はこちら

千葉県浦安市の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位大阪府1610424人1929423人1931604人
2位愛知県1409776人1557600人1582777人
3位兵庫県928582人1133624人1201230人
4位北海道535772人648569人642700人
5位広島県410949人540707人633954人
浦安駅 ディズニーランド 夕暮れとスカイツリー 葛西臨海公園
■ 浦安市の主な観光地
浦安駅 ディズニーランド 夕暮れとスカイツリー 葛西臨海公園
千葉市民花火大会

詳細はこちら   浦安や人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。 そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。 生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。 最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。 豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture 必要な栄養を驚くほど吸収しやすくなる食べ合わせ

食事をする際にこの食べ合わせ最強だな~とか、なんかこの組み合わせって落ち着くな~って思うことが結構あるんですが、大体こう感じる食べ物の組み合わせって理にかなっていて栄養なんかを摂りやすい組み合わせになっている場合が多いんです。 ごはんと味噌汁だったりパンと牛乳だった

 食生活      

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。 風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

栄養の最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?