トランス脂肪酸とは?含有食品の体への害と規制への動き

トランス脂肪酸は様々な食品に含まれており含有量の多いマーガリンや牛乳などが体に害があるとして一部で指摘されており、昨今ヨーロッパやアメリカで規制が開始されてきています。

日本国内でもトランス脂肪酸に対する注目度は高まっており不使用の流れや使用量の減少傾向になるなど徐々に変わってきていますが、実際どの様な健康被害がありどの様な食品に多く含まれているのか、正しい摂取量等を交え確認して行きたいと思います。

食用油

トランス脂肪酸とは

植物油が液体状で取り扱いにくいので水素を加える事で固形化し取り扱い安くなるように人工的に作られた不飽和脂肪酸です。構造的にシス型とトランス型とがあり二重結合のトランス型の構造を持つ事でトランス脂肪酸とも言われ、通常の植物油と違い分解する事が困難な構造になっている為に人体への悪影響が大きく害をもたらすとされ近年騒がれ注目されている。

バターなどの代替にマーガリンを使用する機会が多いですが、このマーガリンには多くのトランス脂肪酸が含まれており、一部の専門家に言わせるとプラスチックを食べているような物だとの声も上がっている。

マーガリンやショートニング、ファットスプレッドに含まれる

トースト

主なトランス脂肪酸の含有食品と言えばマーガリンやショートニング、ファットスプレッドがあげられます。

この3種はトランス脂肪酸による健康被害があると有名でありこれらの食品や成分を使った加工食品にも使用量によっては高い含有量をもつお菓子や乳製品、パンやケーキやドーナツ、クッキーに生クリーム洋菓子などがあります。

関連 : 牛肉の各部位が含む栄養成分の効果とカロリー

しかし、含有量が微小であれば人体への影響は無いとの意見もあり、一概に健康の害になるとは言えないのが現状のようです。

バターの代替としてのマーガリン

マーガリンは人気の食品でもあり多くのメーカーがあり明治や雪印、小岩井など乳製品を多く扱うところは必然的にバターやマーガリン等を扱う事も多いようですし、それらを使った加工食品や調理に使用している会社や商品も多いようです。

もちろん規定の範囲内での含有量のトランス脂肪酸を使用している事は何等問題は無いわけですが、近年この規制対象になる含有量が下がってきている事も注目すべき点でしょう。

これまでは現在のトランス脂肪酸含有量とは違い、相当量が含まれる食品や製品が多く出回っていたと思われます。

関連 : 必須アミノ酸とは?9種類の効果と多く含む食品

バターとマーガリンの違い

バターも多くの料理で使われますしマーガリンと見た目も似ていますが全く違う物になります。バターは牛乳を原料としマーガリンは植物性、動物性の油脂が原料となります。

今回のトランス脂肪酸はマーガリンを製造する際の工程で水素を混ぜ合わせて固形化する際に発生し、この人工的な加工が体内での消化処理が行えない害を生み出すと言われています。

関連 : ブルーチーズの効能とカビの種類

一方、バターは牛乳であり食用の油脂が原料で飽和脂肪酸を多く含んでいます。牛乳自体も健康にいいのか疑わしいとの意見も近年増えてきていますがトランス脂肪酸よりは遥かに健康にはいい様に感じます。

原材料に記載されているショートニングも注意が必要

マーガリンが多くのトランス脂肪酸を含んでいる事は広く知られていますが、多くの食品に使われているショートニングにもマーガリンと同様にトランス脂肪酸が多く含まれています。

普段食べている食品の中にも結構含まれているものも多く気になる方は確認してみると新たな発見があるかもしれませんし、マーガリンと同様にお菓子や乳製品、パンやケーキやドーナツ、クッキーに生クリーム、洋菓子などの原材料を見てみると結構な割合でこのショートニングを見かけると思います。

トランス脂肪酸による健康被害とは?

注意

トランス脂肪酸は、体に色々な害を及ぼすと言われています。

日本ではそれ程過剰な影響が出ているようには感じませんが、アメリカでは肥満の原因にトランス脂肪酸があるのではとの考えもあるようで異常な肥満体型になっている方が多い理由の一つである可能性もぬぐえないといった所でしょうか。

肥満に限らず免疫力の低下、心筋梗塞や動脈硬化、悪玉コレステロールの増加、心臓疾患、ガン、不妊、アレルギーなど多くの病気を引き起こす原因となりうるとも言われており、注意喚起の動きが広がっているのが現状と言えるでしょう。

アメリカでは使用禁止規制が開始

そんな中アメリカでは加工食品での使用を全面的に禁止するとの動きがありましたが、これは部分水素添加油脂の規制でありトランス脂肪酸そのものの規制では無い様であり加工品や上記にあげたマーガリンやショートニング、ファットスプレッド以外にも肉や乳製品にも自然に含まれている場合がありますので全面禁止とはなっていないようです。

使用量の制限や基準値の改定や摂取量の見直しなどはアメリカだけでは無く日本国内でも始まっており、段階を踏んでいる状態とも言えるでしょう。

まとめ

今回、日頃食べている食品にショートニングが含まれていた事からトランス脂肪酸の健康への害について気になったので現状と詳細を調べつつの記事となりましたが、今回のトランス脂肪酸による健康被害は日本ではあまり過剰になら無くても良いのではと考えます。

しかし、トーストにマーガリンをべったりなどといった食べ方は気が引けてしまうのも事実ですし、現在は削減が進められ含有量が減っているマーガリンも殆どのようですが躊躇ってしまう心情は少なからずあると言えます。

しかし、人工的な加工によって出来たトランス型の脂肪は処理する事が難しいと言う事も事実でしょうし、過剰に摂取する事で人体に及ぼす影響は計り知れないものであるとも考えます。

この危険性があるかもしれないトランス脂肪酸を含む食品や加工品、お菓子やケーキなどを摂取するのかしないのかは個人の判断が重要ですし、過剰に鶏過ぎないように偏りの少ない食生活やファーストフードなどこれらを含む可能性の高い食品摂取の調整を意識的に行う事も必要でしょう。

食べたい物は食べる事が基本ですが、健康も意識しつつ調整や制限を個人的に行う事も重要だと考えます。 

関連 : 体調管理の基本


サイト内検索

関連キーワード検索 :  トランス  脂肪酸  含有食品  規制 

食品標準成分表の検索

関連キー( 野菜類 )  キャベツ  にんじん  トマト 
関連キー( 果物類 )  りんご  みかん  アボカド 
関連キー( 肉類 )       

今晩のおかずにお悩みの方はこちらからどうぞ

※レシピを調べたいカテゴリを1個選択してください。
※複数選択時は上位カテゴリのレシピランキングが表示されます。

カテゴリ1:
カテゴリ2:
カテゴリ3:
 

快腸サポート (株式会社ファンケル)

出典:消費者庁ウェブサイト URL : http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

快腸サポートの機能性表示

本品には生きたビフィズス菌BB536(B.longum)が含まれます。ビフィズス菌BB536(B.longum)は、腸内環境を整え、お通じを改善することが報告されています。

 快腸サポートの詳細はこちら

群馬県草津町の2015年度の宿泊者数ランキング

順位都道府県2013年2014年2015年
1位東京都744183人775579人750252人
2位埼玉県458276人423004人430077人
3位神奈川県332855人324725人342214人
4位千葉県279475人299963人287336人
5位群馬県184487人143910人173473人
草津 鮎の塩焼き 草津 白根山 湯釜 草津 温泉卵 草津 湯畑
■ 草津町の主な観光地
鮎の塩焼き 白根山 湯釜 温泉卵 湯畑
旧草軽電鉄北軽井沢駅舎
電車モニュメント 草津温泉
草津白根山

詳細はこちら   草津や人気観光地での宿泊者数ランキングと年度推移の一覧はこちら
人間ドックの結果

先日行なった人間ドックの結果で数値が良くないところが多いので、体質改善のためにヒューロムのスロージューサーを購入!今後ジューサーを使った生ジュースのレシピとともに健康的な食生活を目指すべく、低速回転のスロージュサーの購入にヒューロンを選んだ理由と経緯はこちら ↓↓↓↓↓  私がヒューロムのスロージューサーH-AAを選んだ理由

No Picture 節約ダイエットを男の一人暮らしで実現した元90kgの痩せ方とは?

節約ダイエットは男の一人暮らしでは毎月の出費となる光熱費や電気代、家具、家電などを揃える場合もたくさんのお金がかかりますし生活費を圧迫しますし、ましてや男の一人暮らしでは自炊や料理もままならず節約の手段が中々見当たらない状況があります。 そんな状態でも生活費は家賃や食費、電

 ダイエット        

No Picture スロージューサーレシピ(人参、りんご、キウイ、レモン)の効果と栄養素

スロージューサーのレシピですが、本日は人参、りんご、キウイ、レモンの材料を使った生のジュースです。 生のジュースは酵素たっぷりで健康にもダイエットにも非常に良い効果を持ちますので、本日のレシピの材料となる人参、りんご、キウイ、レモン以外にも小松菜、いちご、バナナ、ほうれん草

 スロージューサー      

No Picture スロージューサーでの野菜ジュースにおすすめのオーガニック食品

オーガニック野菜とは有機栽培の野菜であり、スロージューサを使った生野菜ジュースや果物ジュースを作るレシピに欠かせない材料の栽培法がオーガニックです。 最近はオーガニックへの注目が高まり、食の安心や安全に大きな関心が集まっていますが、スロージューサーを使って生ジュースを作ろう

 スロージューサー      

No Picture 黒にんにく酵素の酵素量が凄い!体内から変化するトリプルパワーとは?

黒にんにく酵素は黒にんにくの発酵栄養素に豊富な生酵素と補酵素、梅干の数十倍もの豊富なビタミンやミネラル分を含む完熟梅エキスを食べやすくスティックペーストタイプにしたものです。 豊富なレシピに対応できる柔軟性や日々の食事で簡単に摂取することが可能なので黒にんにく酵素に含まれる

 食品      

No Picture 必要な栄養を驚くほど吸収しやすくなる食べ合わせ

食事をする際にこの食べ合わせ最強だな~とか、なんかこの組み合わせって落ち着くな~って思うことが結構あるんですが、大体こう感じる食べ物の組み合わせって理にかなっていて栄養なんかを摂りやすい組み合わせになっている場合が多いんです。 ごはんと味噌汁だったりパンと牛乳だった

 食生活      

No Picture 生姜紅茶の効能とダイエット効果

生姜紅茶にショウガは欠かせませんが、この生姜(しょうが)は生姜醤油や針生姜、紅茶、カツオ(初鰹)のたたたき、冷奴、素麺、寿司のガリ、アジのたたき、生姜焼きなど様々なレシピに使われる食材で様々な効能を持ちます。 風邪の予防や便秘の改善、ダイエット効果など健康管理項目に挙げられ

 食品      

食品添加物の最新記事

グリーンベリースムージーの種類
朝食だけグリーンベリースムージーに置き換えるダイエットでは一日の摂取カロリーを大幅減らすことが可能なので、その分のダイエット効果が期待されます。スムージーの作り方も簡単ですし、乱れや生活習慣の見直しや体型のメンテナンスにおすすめのダイエットスムージーです。詳細はこちら ↓↓↓↓↓↓  グリーンベリースムージーを選ぶ理由とは?